水戸奏楽堂         11/11

昨日は久しぶりに東京に戻って来たので、朝からまとめて取材や打ち合わせ。
朝の情報番組生放送のピアノ持ち込みもあり、スタッフは早朝5時にピアノを搬入!私は寝てました(笑)

今日は水戸奏楽堂でE口君のソロコンサート、7時出発で水戸へ。
75席のこの贅沢な空間に今年100年を迎えるヴィンテージ・スタイウェイのフルコンと久保田さん製作のチェンバロを備え、定期的にトップレヴェルのクラシックコンサートを開催しています。

DSC_0041.jpg

ピアノは私が監修しているので、今日は持ち込みではなくホールのピアノ。
最近のE口氏の定番プログラムは「ドビュッシーと仲間たち」。
ドビュッシー、ラヴェル、サティ三者三様の楽曲が楽しめる。
サティの「乾からびた胎児」は朗読付き!

11-11@16-37-25-497.jpg

これらを作曲家と同時代の楽器で目の前で聴く贅沢なコンサート。
終演後の食事会はチェンバロ製作家の久保田さんとお互いの専門分野で盛り上がり、楽しい夜でした~。



金沢から戻りました           11/9

大移動の後半、金沢はいつ来ても新鮮な町ですね。
お馴染みのH邸のホールのヴィンテージ・スタイウェイはそろそろ落ち着いて来てなかなか良く鳴ってきました。

DSC_0029_201711132320094b5.jpg

11日の本番の為の事前調律です。
仕事を終えて金沢駅に戻ったら北陸新幹線満席!
ならばと、グランクラスで帰京。

DSC_0032_201711132320190e9.jpg

プチ贅沢をして、2日間で羽田~熊本~金沢~渋谷のツアー終了。
なんと、同じ頃やっと熊本からピアノ車も戻って来ました。
飛行機、新幹線は便利だけど、こうやって回れちゃうので、良いのやら悪いのやら(笑)


慌ただしい1日         11/8

DSC_0001_201711132320052bd.jpg

羽田発6時55分のJALで熊本に飛び、先に到着していたピアノ車と合流。

received_732340480292751.jpeg

夕方には初めて乗る九州新幹線で、熊本駅から新大阪経由で23時半には金沢に到着!

DSC_0020.jpg

DSC_0026_201711132320088e1.jpg

今夜は金沢のドーミーイン泊。
いやぁ慌ただし1日だった!


秩父ミューズパーク録音2日目    11/7

DSC_0205_7.jpg

DSC_0187_8.jpg

昔の秩父はホテルが廃業するくらい閑古鳥が鳴いてたけど、最近は駅前に温泉ができたり、テレビで「秩父に行こう~」と宣伝したり、秩父出身の落語家、タレントがたくさん出て来たり、アニメの現場になったり、はたまたモスバーガーが秩父わらじカツバーガーを出したりとか、ともかくマスコミにやたら出て来るようになったせいでホテルが取れない!
レコーディングはシングルで何部屋も取るからなおさら。昔が懐かしい!
そういうわけで今回はホテルは分散、昨夜は居酒屋に集合して晩御飯でした。

今日は最終日なので、秩父といえばマジョラム本店のカレー!

DSC_0208_5.jpg

いや~秩父は良いなぁー!
とりあえず、内容はいつものように告知出来ないけど、無事今回のレコーディング終了!



秩父ミューズパーク音楽堂     11/6

今日と明日は慣れ親しんだこのホールでピアノソロのレコーディング。

DSC_0186_6.jpg

快晴の秩父、朝晩は寒い。

DSC_0204_6.jpg

25年位前にオープンしたこのホールとのいきさつはスタイウェイ戦争に詳しく書いたけど、ここで200件を越えるレコーディングを経験してきた。
多いときは1ヶ月で4枚!
各社がやって来て年間3分の1は秩父籠り。
その頃は秩父第一ホテルという常宿があって、そこの露天風呂で今後の事をいろいろ考え、調律師としての理想を模索していた懐かしい思いでの場所。
その後日本中に手頃なホールができ、ピアノを持ち運ぶシステムを確立したので、秩父ミューズパークから日本中に飛び出し、7000を越えるステージを経験してきたけど、やはりこの秩父に戻って来ると家に帰ってきたように落ち着く。
すっかり古くなったこの音楽堂、最近ははほとんど使うことがなくなったけど、あの19年間は私の宝だ。
あの頃みんなで語り合った夢は今ほとんど実現したけど、すっかり歳をとった。
今日と明日は、その頃からの長い付き合いであるコロムビアとピアノソロのレコーディング。
ピアニストはバリバリの若手のホープ。もちろん私がこのホールで戦っていた頃はまだ産まれていなかった(笑)



FC2Ad