fc2ブログ

白寿ホール    3/16

過酷ツアーから戻って久しぶりに自宅で目覚めると、ここはどこだろう?って一瞬思う(笑)


昨夜は代官山教会の調律をやって

IMG_20240410_172420.jpg


今日は白寿ホールの調律。
カバン持って調律だけに行くのはなんと楽なことか。

IMG_20240410_172616_(300_x_169_ピクセル)

今日のコンサートはは最近売出しの兄ーズ。
双子兄弟なので、私にはどっちがどっちかまだわかりません。

IMG_20240410_172525_(300_x_169_ピクセル)

IMG_20240410_172550_(300_x_169_ピクセル)


夫婦、兄弟のピアノはいるけど、双子っていたかな?
息もピッタリで顔もピッタリなので不思議!

今日は松濤サロンでレコーディングしたCDの発売記念コンサート。
松濤サロンから旅立って行ったピアニストは数多いから縁起よいスタートだね、頑張ってね!




福岡から東京へ        3/14

ピアノ車は帰京、私は福岡の万葉の湯のホテルに連泊。
今朝はお友達に迎えに来てもらってご自宅へ
。アートケースのエラールやアップライトのプレイエルを見せてもらいました。

IMG_20240409_171316_(169_x_300_ピクセル)


その後、近くのイタリアン料理のお店で遅いランチを頂いて、福岡空港から飛行機で東京に戻りましたが、

IMG_20240409_154844_(300_x_169_ピクセル)


ピアノ車はまだまだ東名を走り中。




ツアー最終日、アクロス福岡へ    3/13

昨日は移動日だったので1日中走って福岡へ入りました。

IMG_20240409_154528_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20240409_154503_(20_x_20_mm).jpg



今日はこのツアー最終日でアクロス福岡へ搬入。

IMG_20240409_154612_(20_x_20_mm).jpg

このホールは久しぶり!こんなに綺麗だったかなぁ‥。


今日も慌ただしくスケジュールが進んで行く。

IMG_20240409_154657_(20_x_20_mm).jpg

今回のツアーが今までで最も過酷だったと思う。

①180年も経った(江戸時代)華奢なオリジナルのプレイエル
②東京~京都~大阪~東京~福岡と、ほとんど毎日トラックで揺すられて移動
③真冬で氷点下の雪模様の中、夜はトラックで冷え、翌日はステージの明かりで温まる極端な温度差
④コンチェルト
⑤ピアニストが3人
⑤プレイエル時代には無かった大ホール。

数え上げれば切りが無いほど、比べようもないほど過酷。
自社トラックで日本中、何千回もピアノを運んでコンサートをやった我々だから無事に終えられたと思う。
プレイエルもスタッフ達も、お疲れ様!
これでまた大きなキャリアが増えたね。



搬出しているトラックのところまで、リッテル君がわざわざお礼を言いに追いかけて来てくれました。良い子だね(笑)

18世紀オケは8年ほど前に墨田トリフォニーホールで聴いたけど、あの時はオランダから調律師と一緒にエラールを持ってきていた。
その時は次は私がプレイエルで担当するとは思ってもみなかった。
大変過酷なツアーだったけど、この素晴らしい18世紀オケとプレイエルで、430Hzピッチのオリジナル・ショパンを聴けたのは裏方冥利に尽きる。


この福岡からヨーロッパに帰るオーケストラの面々。
アブデーエワは、次の仕事で中国に旅立って行きました。
プレイエルを積んだスタッフはこのまま新名神の亀山まで走って一泊して東京へ。
私は福岡で一泊してお知り合いのご招待でお家にお邪魔して、明日東京に戻ります。福岡まで来てくれたお客さん達から私が珍しくステージで調律している写メが続々と送られて来たので、せっかくなのでアップします(苦笑)

IMG_20240409_154755_(20_x_20_mm).jpg

IMG_20240409_171224_(225_x_300_ピクセル)





オペラシティ・タケミツメモリアル   3/11

過酷なツアーも後半!
午前中に松濤サロンで調律も済ませた。
落ち着いて調律できるから安心だね。繋いで修復したシャンクも大丈夫そうだ。

13時に搬入してすぐにリハーサル開始。

IMG_20240409_152809_(20_x_20_mm).jpg

今日はNHK-BSの収録もあるのでオペラシティの狭いバックステージは人や機材でいっぱいだ。

一通りリハーサルが終わって客入れ時に調律のチェック。

IMG_20240409_153026_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20240409_152947_(300_x_225_ピクセル)


流石に地元の東京のコンサートなので知った顔がチラホラ。
客席に向いて調律するって恥ずかしいね(笑)そして本番。



1月末、エリック君と回ったツアーでは、最終日のオペラシティでショパンの1番、2番のコンチェルトやったばかり。
プレイエル君はずっと働きづめ。

無事に本番を終えてピアノを搬出。バックステージには明日使用するプレイエルがもう運ばれていました。
ここオペラシティでは、今日、明日と2日続けての本番だったのですが、明後日3/13には福岡公演があり、明日の夜出発ではさすがに間に合わないので、明日の本番は別のプレイエルを借りてもらうことにしました。

とりあえず今日も無事に終わって、明日は移動日で福岡に向かいます!
昨日は大阪の堺に居たのにね~(苦笑)




フェニーチェ堺    3/10

早朝に京都を出て朝9時、フェニーチェ堺に搬入。

IMG_20240409_150218_(300_x_225_ピクセル)


IMG_20240409_113929_(1241_x_1754_ピクセル)

京都では深夜は発電機を回せないので、布団とホカロンベストに包んだプレイエルもすっかり冷え切り、ステージに運んだら照明のチェックでステージ上でプレイエルはコンビニのフライドチキン状態。
この温度差は酷いな~。

しかも今日もマチネだからピアノが温度差に慣らす時間もない。
それでも調律後にすぐにオケの練習、その後ピアニスト達の個人練習。
客入れ中にピアノをチェック、大きく崩れた部分だけ直し、残念ながら全体を見る時間もなく開演。

IMG_20240409_150451_(169_x_300_ピクセル)

IMG_20240409_150416_(169_x_300_ピクセル)


なんとか3人のコンチェルトも終わり、時間の関係でアンコールは無しになったらしいのはこちらとしてはありがたい。
しかしトリのアブデーエワが鳴り止まぬ拍手に応えてアンコールを演奏!そして終演。



しかし、袖に戻ってきたアブデーエワが「演奏中にアクシデントがあった。鍵盤が折れたかもしれない‥ごめんなさい」と。
観客が捌けたらすぐにピアノを搬出しなきゃいけないのでピアノの中をチェックする間もなくトラックに積み込んで帰京!
まぁ本番は無事に終わったし、アンコールだったから良しとするか。

すぐに新東名をひた走り午前1時頃に渋谷に到着。
早速ピアノをサロンに下ろしてチェック。
やはり鍵盤ではなくハンマーが飛んでいた。
これはあの温度差で棚板とアクション筬が反り、ハンマーの弦に対する接近が近くなり過ぎてハンマーが弦に押し付けられてシャンクが折れたものと考えられる。新しい汎用部品は使わないので、急いで折れたシャンクを繋いで復活!

IMG_20240409_150249_(137_x_300_ピクセル)

やれやれ本番最中でなくて良かった~。

修復を終えて仮眠。