FC2ブログ

いよいよ・・・

ラ・フォル・ジュルネ、今日は調律です。
朝8時、会社に集合。7台は昨日搬入したので、ホールDに持っていくフルコンを積み込んで、総数8台の調律隊も出発です。
1人2台ずつ9時~12時で、各ピアノを調律して回ります。これが期間中、毎朝の日課になります。

私はまず展示ホールをやる事にして、ホールに入っていくと、調律の音が聞こえます。はて?と思い音のするほうに行って見ると、展示ホールのステージの下に、今年はカワイのブースもできたらしく、そこでカワイの調律師さんが調律していました。
なにやら、7~9時で調律の時間をもらっていたらしいのに、ホールがあいたのが9時だったので、やむなく、調律を始めてしまったらしい。
こういった大きなイベントではよくある手違いで、同じ場所で、2台の調律の時間が重なってしまったわけだ。
仕方ないので、私の9~11時の時間のうちの9~10時を彼に譲って、私は10~11時にすることにしました。
ひょんなことで、カワイの調律師の人とも名刺交換ができました。
普段は殆ど他の調律師と同じ場所で仕事を一緒にすることはないので、他社の調律仲間と話ができるのもラフォールジュルネの楽しみでもあります。

展示ホールの調律を終えて、ホールDへ移動。こちらではオーケストラのリハーサルがもう始まりそうなので、ゆっくり調律をしている時間はありません。
外人アーティストは時差ぼけなのか早起きなのか、与えられた調律時間でもお構いなしに、ぞろぞろ入ってきて練習したがります。

13時頃に調律隊全員集合して、とりあえず会社に戻ります。
私と部長は夕方6時にレセプションのため、またホールに戻りました。
毎年恒例のオープニングのパーティーです。
立食で、ローストビーフやワインを頂きながら、今年は出演アーティストは1700人を超えて年々盛大になっていくラフォールジュルネの話に花が咲き、いよいよ明日から本番スタートです。