fc2ブログ

津田ホール

先週の横浜みなとみらいホールに続き、川久保賜紀&江口玲 in津田ホールだ。
090513_1618~01

今日はチェロも加わって、トリオでピアソラをやるので、先週とはプログラムがまるで違う。
賜紀ちゃんは、みなとみらいホールの後、琵琶湖ホールに行ってすぐドイツに帰り、
一昨日また日本に戻ってきたらしいので、やっぱり眠い(笑)
お相手のチェロは韓国系アメリカ人で、今はドイツに住んでいるティム・パーク君。
彼は英語しか話さないので、この3人の会話は全て英語だ(笑)
全員アジア人だけど、それぞれアメリカとドイツに暮らして、日本で西洋音楽をやって、会話は英語(笑)
CA3C00790001.jpg


津田ホールは久しぶりなので、楽しみにしていた。
賜紀ちゃんは最近、楽器にガット弦を張るので、少し音量が小さくなった。
先週のみなとみらいホールでは、ピアノの音量を落としたら、なかなかバランスが良かったけど、今日はチェロも加わるので、先週よりは、くっきりはっきり鳴る調整で持ち込んだ。
津田ホールは小さいので、ちょっと迷ったけど、リハーサルではバランスバッチリで、うまくいった。
うまくいかないのは調律のほうで、響板、ピン板を交換して、早くも二年近くになるのに
、一向にピンが緩くならない。ガチガチに堅いピンは調律が楽しくない。
私は緩めのピンが好きなので、F1の調律は苦痛だ。
オーバーホール当初は、高すぎる響板のせいで落ち着かなかったけど、ここ半年位は響板は落ちつくところに落ち着いてきた。
バランスが良くなって来たとともに、気になるところも出てきたので、最終仕上げにとりかかりたい。
F1を1ヶ月休ませるスケジュールがなかなか取れなかったが、今日が終われば少し余裕があるので、いよいよ全弦を外してピンを抜き、トルクの調整をやったり、更に究極の調整ができる。楽しみだ。