fc2ブログ

ショパンピアノ全作品連続演奏会 第4回

もはや梅雨入りかと思うような雨模様の中、今日は7カ所のコンサートが重なって大忙し。
ところが直前になって、例のインフルエンザの影響でコンサートが1つキャンセルになった。
少しスケジュールが楽になったとホッとしてたら、別の所から、どうしても今日ピアノを持ち込みして欲しいと言ってきて、結局忙殺スケジュールは変わりなし(笑)

私は朝から草加に行って、リハーサルまで立ち会い、岩舟にレコーディングの調律に行っていたスタッフが草加に到着したところで交代して渋谷に戻り、サロンでのショパン連続演奏会だ。
はたまた成田に今日、ニューヨークからスタインウェイのフルコンが届くし、何だかしっちゃかめっちゃかだ(笑)
4回目を迎えたショパン連続演奏会は、今回も即刻完売で大盛況。
今日のピアニストは、長富 彩ちゃん。
菊地裕介、松本和将とともに、間違いなくこれからの日本クラシックピアノ界をしょって立つ1人だ。

いつものように、使用ピアノの説明を少し話して、小坂さんの楽曲解説からはじまり、作品24の4つのマズルカから作品27の2つのノクターンまで。
ショパン24~7歳頃までの作品だけど、長富彩はまだ22歳!

彼女を紹介してくれたのは、コロムビアのディレクターO氏。
2年位前ぐらいから「まだ若いけど、凄く注目のピアニストがいるから是非聞かせたい」と言っていた。
ようやく半年前に会ってビックリ!
デビュー当時のアグネスチャンみたいな(古いか?)あどけないあっけらかんとした女の子。
それがピアノを弾き始めたら、別人28号!(これも古い)
ともかく「こりゃ凄い!」と、相当ハードルの高い我々スタッフも絶賛!
しかも、まだまだ謙虚な22歳。
十年後に残っている若手女性ピアニストは彼女で決まりだね!

090530_2002~01