FC2ブログ

今日から宮崎に出発!                           7/27

お馴染みフコク生命チャリティーツアーで宮崎へ。
10日前の熊本とは違って、今回はピアノ、歌、フルートのバージョンです。

朝7時半に渋谷を出て、横浜工場でトラックにピアノを積み込み、8時半に出発!
順調に東名を走って、秦野/中井を過ぎたころ、右後輪あたりで爆発音!
異常に気づいたスタッフが路肩に緊急停止。
まさかのタイヤバースト!
110727_1045~01

そのままでは危険なので、低速で中井パーキングに緊急避難。
ダブルタイヤの右後輪外側が見事に破裂している。
嫌な予感…


10年前の東北ツアーで、同じくタイヤバーストした時に、車載工具ではハブナットが外れず、大騒ぎになった事があった。
中・大型車のトラックのタイヤは、巨大なエアーインパクトレンチで「ダダダダ、プシュ~ン」と締めてあるので、車載工具では到底弛まない。
新品のレンチがグニャっと曲がってしまって使用不能になってしまうほどだ。
後日、日野自動車に「車載工具で緩まない程ナットを締めるな!」と抗議したら「緩んでしまうほうが恐いので…」とわけのわからない回答だった(爆)
使えない車載工具を純正付属している不思議(笑)
この時は見るに見かねた観光バスや大型トラックの人達が、2メートルはあろうかという鉄パイプとレンチを貸してくれて、数人がかりで回して外したという苦い経験があった。
そして、失敗から学ぶ人生哲学。
何か良い方法が無いかと探した末、台湾製の怪しい「倍力レンチ」なる物を発見。
中にギアが入っていて、ハンドルを回す力を60倍に増幅すると言う商品を購入しておいた。

110727_103509.jpg

これを荷台の奥から探し出して、早速すがるように試してみた(笑)
渾身の力を振り絞って回したら、何とナットが緩んだ!
お陰でスペアタイヤと交換できた。
あとから追いかけて来た道路公団のパトカーも「こんな機械があるんですね~」と感心して立ち去った(笑)
普通は「JAFを呼べば?」と思うでしょ?
実はJAFは乗用車しか助けに来ないのです。
トラックには手を出さないことがわかったので、JAFを退会しました。役立たずだから(笑)



とりあえず立ち往生を免れて再出発!
この時点で10時半。大阪港に18時に着けばフェリーに間に合う。
運転中のスタッフに「な、備えあれば憂いなしだろ~?」と偉そうな事を得意げに話していたら、バチが当たったのか、中井パーキングから本線に戻って箱根を超えた先の裾野インター近くで、またもや右後輪から爆発音!
「ゲッ、なななんだ今の音は!」またまた緊急停止。
なんと、取り替えたスペアタイヤが再度のバースト!
二度の憂いに、もう備えはなかった…。

110727_1147~02


こんな時は、結果から逆算して、優先順位を決める。
まずは明日のリハーサル開始時間は、運良く15時。
最悪そこまでに宮崎に着けばピアノは間に合う。
18時に大阪港着は無理だから、まずはフェリーをキャンセル。
東名の最低速度60キロで走れば、なんとか次の裾野インターで一般道に降りれそうだ。
まだ午前中だから、まずはタイヤショップを探して交換する事にした。
右後輪はダブルタイヤの内側1本だけで走る綱渡り。
(ピアノを積んでいる側だから重量が重い)

だましだまし、2キロ先の裾野インターを下車、246号線を南下。
痛々しい我がデュトロ号はタイヤショップを探して走るも、最初のブリジストンでは断られる。
実はトラックのタイヤを交換してくれるタイヤショップは少ないのだ。

雨の降りしきる中、またまた南下。
あった!タイヤショップ裾野。
交渉してみるも、在庫無し。
しかし30分で問屋から持って来てくれるらしい。
よし、それを待って夜通し交代で陸路走れば、明日の朝には宮崎に着ける。


それにしても万に一つの連続バースト。
タイヤを待っている間、失敗に学ぶ為に原因の解明。
なぜ新品のスペアタイヤがわずか数10キロでバーストしたのか…。
タイヤ交換時に判明したのは、スペアタイヤのわずかな変形。
このデュトロは、荷室にエアコンと除湿機を付ける為に、スペアタイヤスペースに2.8キロワットの発電機を取り付けている。
若干スペアタイヤに干渉してたけど、無視して発電機を優先したので、スペアタイヤがわずかに変形したまま10年取り付けられていた。
これは完全に自分のミス。
ゴムはまた元に戻ると過信したせいだね…。
しかし原因はわかったので、これは解決できるトラブルだ。


さて再度のタイヤ交換が終わったのが12時半。
私が運転を交代して、東名沼津から高速に乗る。
本当にタイヤショップ裾野さんにはお世話になりました!
休憩なしでかっ飛ばして行ったら、新名神~第二京阪~あたりで、カーナビに「大阪港着17時半予定」と表示された!
「フェリー再予約!」運転席から叫ぶ。
フェリー会社も暇らしく、2つ返事で「大丈夫ですよ~」

110727_1840~01

かくして17時45分カモメフェリーターミナルに到着!
あとはのんびり船旅だ。
万に一つのトラブルを乗り切ったお祝いに、船内のレストランで祝杯。
まさか間に合うとはね(笑)
疲れ切って9時過ぎには撃沈。