山梨市花かげホール             4/6

今日から3日間、旧 牧丘町文化ホールでレコーディングです。
朝9時にホール集合ですが、私は前乗りだから楽(笑)
東京からローズウッド君も到着して、搬入。
まずは電動ステージを下まで下ろして、客席の中央列を全て外して移動。これが大変。
しかし良い音で録るためには手抜きはできない。
客席を外してピアノをホールの中央に移動して半回転し、ステージと逆方向に向けて設置完了。

DSC_0128.jpg

DSC_0130.jpg

音を吸収する布張りのシートを外して床面積を増やすと、ここは400席だけど大ホール並みの床面積が稼げるし、床に下ろしたのでピアノから天井までの高さがぐんと高くなって綺麗な残響が録れる。

今回のアルバムはドビュッシー。
ローズウッドが作られた1887年はドビュッシーまだ25歳。
亡くなったのは1918年でちょうど同時期に主流だったピアノなので、当時の作曲家達が何故このような曲を書いたのか良くわかる。
ロマン派の時代のピリオド楽器で聴くドビュッシーは、やはり天才だった。

順調に今日の収録を終え、ROUTE INN山梨へ。
このホールの欠点のはホテルが遠い、歩いて行けるところに飲み食い所もコンビニもない。
なので、ホテルのレストラン花茶屋へ。
21時半ラストオーダー滑り込みで急いで飲食(笑)


FC2Ad