fc2ブログ

5月も終わり!  5/31

高崎録音から戻ってきて数日東京に居るので、人と会うスケジュールをまとめて入れました。
今日は少しゆっくりできるかと思ったら、朝8時頃から携帯に何度も電話。

昨日から水戸のチャリティ訪問コンサートに行ってるチームから、「ゴブ運搬車が電源入らずピアノが降ろせません!」とSOS。
携帯をビデオモードにしてあれやこれや指図するもチンプンカンプンなので、諦めて水戸に向かうことにした。
幸い体育館には学校のグランドピアノがあるのでリハーサルはそれでやってもらい、最悪お昼までに直ればピアノは下ろせる。

車で飛ばせば、水戸に10時過ぎには着くと見込んで、早速出発。
高速も空いていて10:30に到着。
早速点検したら4個直列のバッテリーのうち1つ死んでいたので、途中で確認した最寄りのホームセンターに行って、まずバッテリーを購入して交換。



IMG_20230710_123556_(300_x_225_ピクセル)

さて、ここからが大変。
バッテリー交換するも直らず。
はてさて再度チェックしたところ、バッテリーの24Vラインから12Vと5Vに変換するコンバータが死んでる。こりゃ厄介。
12Vから5V変換は直結なので、とりあえずバッテリーの12Vラインに直結したら、その先の5Vも復活した。
これでとりあえず動く。

ここまでに2時間近く費やしたので、みんな諦めモードだったけど、面目躍如。
ピアノを下ろして無事に搬入、スタッフに調律を任せて私はお弁当を頂いてお昼。やれやれ。




もう20年も前に開発した機械なので回路も忘れてたからね~。
ちょっと時間かかったけど、なんとかコンサートに穴を開けなくて済んで良かった。

IMG_20230625_215027_(300_x_169_ピクセル)



最近ゴブちゃんのトラブルが出るようになったけど、20年間、数千回ほとんどトラブル無くピアノを運んだんだから、完成型だね。




高崎レコーディング3日目   5/26

最近良く利用するこのホールは、セキュリティが特別厳しい。
関係者パスの電子キーも、音楽ホール以外のドアは開かない。
まぁ中に入ってしまえば何も問題ないけど、外に出るときにパスを忘れたら大変。


IMG_20230711_191528_(300_x_169_ピクセル)

IMG_20230711_191500_(300_x_169_ピクセル)


2日目もピアノは安定していて、録音は順調に進んでいる。
クラシックのCD録音は予算の関係で最近2日間で録るようになってきたけど、今回は3日間だから余裕。
星の王子様もご機嫌でサクサク2日目も終わり、また飲みに行って余裕の最終日も早めに終わりました!

明るいうちに終ったので、録音ケーブル類を片付けている間に私は高崎のピアノプラザへちょっとお邪魔して、Mさんに社内を案内してもらった。
ここは関東唯一のスタインウェイディーラーなので、セレクションセンターがあるのです。
最近のスタインウェイはどうなったんだろうとお勉強。
D型が3000万を超え、B型も2180万!アップライトで1000万!
こうなるともう不動産だね!

長居してしまって、ホールに戻ってきたらすっかり片付いていて、ピアノは搬入口のトラックの前まで降りてた!
スタッフの皆さんをお待たせしてしまって申し訳なかったね~お疲れ様!




高崎芸術劇場    5/24

今日から3日間、CD75でレコーディング。
朝9時に積み込み、一路高崎へ。

美女木から左折して関越に向かう途中、冬だけ見える富士山がなぜ右側に見えるんだろう?といつも思う。

IMG_20230525_175503_(4032_x_2268_ピクセル)



このあと関越が混んでて30分遅れで高崎に到着。
ピアノを搬入して調律。
昼頃にピアニスト到着でサウンドチェックをやって録音開始。
ショパンバラード全曲録音。
このホールは何度も来てるけどピアノソロは初めて?かもしれない。

IMG_20230525_122859_(200_x_113_ピクセル)


さぁ初日からサクサク飛ばして快調!
しかし75は凄い楽器だと改めて認識。

終わってホテルにチェックインして魚民で乾杯、明日が楽しみだね~

IMG_20230525_180242_(300_x_225_ピクセル)





ピアノ選定やらビデオ録画やら   5/18

今年はショパンコンクールのピリオド楽器部門が開催されるので、ビデオ審査用の映像を撮りに来る人が結構います。

IMG_20230525_123228_(200_x_113_ピクセル)



今日は他にも、レコーディング用のピアノ選びのスケジュールなども詰め込んだので、入れ代わり立ち代わり全国からいろんな人が来て対応していました。
選定の場合は台数が多すぎでも迷うので、キャラクターが違う3台を並べるのがちょうど良い。

IMG_20230525_164126_(169_x_300_ピクセル)

IMG_20230525_164143_(300_x_169_ピクセル)


プレイエルも毎年需要が増えて大忙しです。




和歌山へ   5/11

ニューヨーク・スタインウェイB型の修理調整。
和歌山のお客さんから、ネットで買ったニューヨークのB型を調整して欲しいという依頼。

IMG_20230525_122633_(200_x_113_ピクセル)



9日から先発隊が2人で作業開始。
私は仕事の合間にちょっと新幹線と紀勢本線を乗り継いで、

IMG_20230525_122555_(200_x_113_ピクセル)

IMG_20230525_122612_(200_x_113_ピクセル)

仕上げの状態を見に行って来ました。
広大な敷地にあるピアノ部屋は羨ましい。
ピアノはヴィンテージのB型なので我々は慣れたもの。
ざっと見る限り、何度かアメリカでオーバーホールされてはいるけど、純正の部品が使われているので大きな問題はなし。
崩れたバランスを直せば、軽快なタッチと鳴りを取りもどし、ご機嫌な楽器になりました。

困ったのは、夜10時まで作業すると食事できるお店が開いてないので、ホテルまでの道すがらにあるスーパーで惣菜を買って食べる寂しい食生活。
私は明後日、那智勝浦駅を朝8時55分発の南紀特急に乗って名古屋から新幹線に戻れば15時半には渋谷に着くので、サロンで夕方からのレクチャーコンサートに間に合います。




ラ・フォル・ジュルネ搬出      5/7

今年は7台のピアノを貸し出して、閉幕。

久しぶりの開催で恐る恐るだったみたいだけど、この様子だと来年からは通常通り開催するかもね。
そうするとまた18台ぐらいになるのかなあ…。
サブちゃんが亡くなってから運送業者選びが大変。


搬出が無事に終わって、いつものように外の屋台村で朝からビールとワインで乾杯。
若者に挟まれてるおじいちゃんはだれ?(笑)

IMG_20230525_130244_(100_x_75_ピクセル)





今日はニューヨークから空輸したB型2本も、通関が終わって渋谷に入ったので、ピアノが溜まって大変。

IMG_20230525_123113_(113_x_200_ピクセル)

1台は行き先が決まってるB型で、もう一台は、ちょっと珍しいピアノを見つけたので趣味で思わず買ってしまったアートケースのB型。

IMG_20230525_155735_(300_x_169_ピクセル)

IMG_20230525_155717_(300_x_169_ピクセル)

それもニューヨークで見つけたハンブルクのB型。
寄せ木細工のような柄の入ったボディ。もし欲しい人がいたら手放すかも。








銀林さんサロンコンサート     5/6

今日は代官山教会でヴァイオリンとピアノのコンサートがあるので、朝9時に家から電動自転車で行ってみた!
ちょうど良い距離でした。これからも乗っていこう。

渋谷に戻り、今夜のサロンコンサートの調律。
フランスから一時帰国している銀林姉さんとSAXのコンサート。
フランス人のお客さんも大勢。

終わってから懇親会をやりたいということで、久しぶりにカフェをオープン!
いやぁ満員のカフェを見るのは久しぶり。

IMG_20230525_122518_(200_x_113_ピクセル)


しかし、配管の不具合(どうやら3月11日の大震災で地中でズレたらしい)の工事が終わらないと営業できないから、またしばらく閉店。
再オープンは7月かな?




ドラマの録音     5/5

この1週間、スタッフたちは毎日、ラ・フォル・ジュネの調律で朝早くから国際フォーラムに出かけています。




私とT君は渋谷の放送局にピアノを運んで、今日は終日、大河ドラマの録音。

IMG_20230525_122447_(200_x_113_ピクセル)

IMG_20230525_122419_(200_x_113_ピクセル)

いよいよこの録音も後半戦。
ドラマは絶賛放映中で、後半の録音はまだまだこれから。
家康が年齡を重ねるに連れて、製作年代も段々古いピアノに交代して行くのは、年齢を重ねる家康の声をイメージして音色を変えるため。
これはピアノプロデューサーとしてのアドバイスで、結局4台のピアノと2ndアクションも使って、5種類のピアノの音色で表現する試みです。

今日の録音、終わってピアノを搬出したのはもう日付が変わっていました。




ラ・フォル・ジュルネ    5/2

コロナ自粛で4年振りに開催されたラ・フォル・ジュルネは、今日がピアノ搬入日。

例年は15台以上を各場所に搬入していましたが、今年は来日アーティストがほとんどなく縮小して開催なので、今回はグランドピアノ台の搬入。
名物サブちゃんが亡くなってしまったので、予算との兼ね合いで運送業者探しも四苦八苦。
どんなに無理な条件でも、嫌な顔1つしてから「アイヨ!」って我儘をきいてくれたサブちゃんが居なくなって本当に困る。
普通の運送業者は労働条件を鑑み、早朝割増、深夜割増も計上されてしまう。
昔からピアノの運送値段はこうなっていて、時間指定の厳しいコンサート仕事には向かない。
そこで開発したのがヨブちゃん、ゴブちゃんと名付けた運搬車。
詳しくはスタインウェイ戦争に書いたけど、これらの運搬車がなければ今のタカギクラヴィアは存在しないね。

国際フォーラムの会議棟への搬入方法は、通路に机や物が多くてピアノを立てて運ばなきゃならないので、やむなく、運送業者+人海戦術かでやることにした。(新型マシーン開発のため、私に工場に籠る時間をくれ!)

IMG_20230513_121238_(300_x_169_ピクセル)

IMG_20230513_121307_(300_x_169_ピクセル)





さて無事に搬入終わって、恒例のサロン、スタジオの床にワックスかけ!

343763453_931175204746881_2914737916428043980_n.jpg

ノット君が頑張ってピカピカにしてくれました。
明日から毎朝調律に周ります。