fc2ブログ

オペラシティ    10/31

久しぶりにギルと東京、大阪公演。
前回はコロナで中止になったから本当に久しぶり。
ギル/江口で初めてサントリーホールでやったのは20年位前かなぁ?
ヴァイオリンでこんなピアニシモ出るんだ!と驚愕したし、それにどんな早いパッセージでも正確無比な音程で度肝を抜いた。

その後もニューヨークでレコーディングしたり楽しい思い出ばかり。
久しぶりに会ったらお互いに髪も白くなった(苦笑)



さて今日はオペラシティにローズウッド搬入、

IMG_20231111_153222_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231111_153327_(300_x_225_ピクセル)


何やらスタッフが大勢いるのはNHKの収録が入ってるからだね。カメラが5~6台入ってる。
そのうち放送されるでしょう。

IMG_20231111_154123_(169_x_300_ピクセル)


いろんな人に挨拶されるけど、誰だったけ?状態(笑)


それはさておきこのオペラシティ大ホールは天井高が高すぎてステージ上では音が上に抜けてしまう。
自分に帰ってこないから痩せて聞こえるし、客席にも音が飛んで来ない。
ここは小ホールのほうが良いな~



八ヶ岳    10/30

コンサートは数日後とのことだけど、今日しか時間がないので、ひとっ走り八ヶ岳まで行ってきました。

IMG_20231111_152604_(300_x_225_ピクセル)

1度しか来たことない別荘地なので、迷いに迷い、先月行った軽井沢と混同したりでやっと到着。



久しぶりに見たこのすべり台のある別荘!

IMG_20231111_152637_(300_x_225_ピクセル)

2年前に432Hzに調整して搬入したアップライトは全弦交換したので、半音近く下がっていて、3回調律してやっと432近辺まで上がってきた(苦笑)


しかしアップライトの調律は2年ぶりくらいかなぁ?
記憶にない。
久しぶりに調律したけど腰が痛くなるので年寄りにはキツいね。
そろそろ八ヶ岳も涼しくなって来たけど今年はまだ暑いらしい。
帰りは事故渋滞で結局22時を過ぎてやっと渋谷に帰った。

IMG_20231031_162816_Junior_Legal_縦方向_(5_x_8_インチ)





オーチャードホール    10/29

今日のコンサートはオーチャードホールにプレイエル。
搬入は昨日だったので、近所なのにプレイエル君はお泊り。

IMG_20231031_162720_Junior_Legal_縦方向_(5_x_8_インチ)


若手のK君が、オールショパンのプログラムを、プレイエルとエラールとホールのハンブルグのフルコンで弾き比べるという企画。


IMG_20231031_162507_(300_x_135_ピクセル)

プレイエルが1843年、橋本ピアノさんが持ってきたエラールが1920年頃?とのこと。
ハンブルグのモダンなピアノ弾いて、すぐにシングルアクションのプレイエルは弾けるのかな。

IMG_20231031_162704_Junior_Legal_縦方向_(5_x_8_インチ)



それぞれのピアノで演奏した後、アンコールで弾くピアノはお客さんの拍手で決めるとのことで、プレイエルがダントツ人気だったらしい。



私は調律だけやって、あとはスタッフに立会は任せて会社に戻りました。近いって良いね。


それとは別件で、昨日から昭和人見記念講堂にフルコンを2台を貸し出していて、別スタッフに任せきりだったけど、どうしても行きたかったので搬出に行ってきました。
ホロヴィッツが2回目の来日で演奏したのが、この昭和人見記念講堂だったからね。


10年以上前に何度か持ち込みしたけど、NHKホールより格段に音が良いのを実感したものです。

久しぶりにステージから見る景色は随分変わっていて驚いたけど、改修したのかな?
綺麗になっていました。

IMG_20231104_191623_(300_x_225_ピクセル)


ここにCD75を持ってきて鳴らしたいな。




白寿ホール   10/26

久しぶりに白寿にピアノ搬入。

IMG_20231031_163011_(300_x_136_ピクセル)


ホール名物ウインチで7階吊り上げ。

Screenshot_20231026-164637.png

Screenshot_20231104-091250.png

Screenshot_20231104-091328.png

Screenshot_20231104-091359.png



さすがにここは業者に頼むので運賃がかなりかかる。
サブちゃんが生きていた頃は、無理を言って安くやってもらってたけど、最近はホールのハウスピアノの調律に入ることが多かった。
というわけで、久々にルイス君初登場で楽しみだ!
搬入は6人がかり。これじゃ人件費かかるよね、
サブちゃんは2人でやってたものなぁ,,。




さて準備が終わってSさん登場。

IMG_20231102_200130_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231104_092430_(300_x_169_ピクセル)



新潟でのレコーディングや先日の福岡の本番と続けて3回目の本番。
回を重ねる事に楽器にも慣れ、もっと奥深い探求を求めたいとの言葉。
難しい楽器だからこそ、それがわかるようになる。

無事に本番終わって、いよいよ搬出。
ホールのスタッフさんたちも久しぶりなので皆で写メ。
無事に楽器が戻ってきてやれやれ。
渋谷で打ち上げするというので私も参加。お疲れ様!

IMG_20231104_092346_(300_x_169_ピクセル)




蓄音機で聴くウラディミール・ホロヴィッツ    10/22

芸大でホロヴィッツのピアノレクチャー。
下記は投稿から引用します。




「蓄音機で聴くウラディミール・ホロヴィッツ ~石井コレクション紹介~」を開催しました。
熱心なホロヴィッツファンが集まった第6ホールは、開始前から熱気に包まれていました。
なぜならこの日のゲスト、高木裕氏がホロヴィッツが1970年代後半から愛用していたスタインウェイ「CD75」を会場に持ってきてくださったのです。

1912年製のピアノと1925年製の蓄音機が並ぶ会場に、期待が高まります。

IMG_20231031_205049_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231031_163216_(300_x_169_ピクセル)


コンサートは、高木氏のホロヴィッツのピアノへの深い愛情と、ピアノの知識に裏付けされたお話から始まりました。
ホロヴィッツのピアノが他のピアノとどう異なっているのか等、興味深いお話ばかりです。
という仕事をやりました。実はC75を芸大に持ってきたのは2回目。日本に来たばかりの2011年に芸大のホールにもって来て以来。弾いたのは勿論、今や芸大ピアノ科主任になった江口氏。搬入の時も搬出の時もバッタリ会った懐かしい顔のピアニスト達。昔、レコーディングやコンサートで良く一緒に仕事をした彼らは今や芸大で教えてるんだから時の経つのは早いね〜
今回はメインがレコードなので、ピアノの解説は短めにしようと思ったけど、また長話(笑)しかし電気の力を借りない蓄音機がこんなに大きい音でなるとは驚き。最後はCD75で一曲と言う事でホロヴィッツがレコーディングしてない曲を江口氏が披露。感動のエンディングでした。

IMG_20231031_205106_(300_x_225_ピクセル)





浜離宮朝日ホール   10/21

浜離宮にラフマニノフピアノを持ち込んで、Мさんの「音楽世界遺産シリーズ」東京公演。
プログラムも当然ラフマニノフ。
毎年、ほとんど東京文化会館小ホールでやっていて、搬入口のドアが狭くてピアノを立てなきゃならないのでなるべく運びたくないと思っていたのですが、今年は浜離宮だったので一安心。


IMG_20231031_201710_(300_x_225_ピクセル)



マチネなので9時にピアノを搬入して調律。
ラフマニノフピアノは彼が自宅で10年間使用していたもので、狭い部屋ではとても良い楽器だけど、コンサートホールではなかなか鳴らなくて困っていましたが、何度か本番を重ねては調整を繰り返して、ようやくコンサートコンディションに仕上がって来ました。
あと少し、弦圧やサウンドボードの調整をやれば復活できるだろうから、来年には完成かな。

IMG_20231031_201634_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231031_163302_(300_x_169_ピクセル)



大盛りあがりのコンサートが終わって、私は会社に戻って、21時から代官山教会の調律。
本番は明日なんだけど、私は別のコンサートが入っているので調律は前日にしてもらいました。

IMG_20231031_203905_(300_x_225_ピクセル)



浜離宮の方はホールを21時まで借りてるらしく、この後録音などをやるらしい。
搬出はスタッフに任せました。





フコク生命ふれあいコンサートIn京都    10/20

昨日、京都コンサートホールの本番で使ったピアノを2台、東山総合支援学校に運び、フコク生命訪問コンサートです。
今日は高校生なので、いつもより凄く大人の感じがします。
今日の体育館も例によって良く響き、下手なデッドなコンサートホールより弾きやすい。体育館あるあるですね。

フルコンが2台、楽勝で入る学校も珍しいので、今日のコンサートは豪華でした。

IMG_20231021_134758_(300_x_225_ピクセル)


ピアノに寄り添うコーナーでは黒山の人集りで大人気。
まぁフルコン2台でしかもセカンドピアノは大屋根を外して中もよく見えるから面白かったと思います。

IMG_20231021_134558_(300_x_225_ピクセル)


普段はコンサートホールに行けない生徒達に、本物のコンサートそのままを届けるプロジェクトは今回も大成功。
ピアノ2台を搬出してトラック2台で東京に戻ったら深夜でした。

IMG_20231021_134523_(300_x_225_ピクセル)





京都コンサートホール     10/19

今回は2台ピアノで行う「フコク生命ふれあいコンサート」in京都!
それぞれフルコンを1台づつ積んだ2台のピアノ車は、昨日京都に出発。
途中、綺麗な富士山の写真を送ってくれました。

IMG_20231020_132011_(300_x_225_ピクセル)



私は仕事をこなして夜の新幹線で京都に入りました。
ほとんど同時刻にピアノ車も京都に着いて、ドーミーインプレミアム京都の夜鳴きそばに間に合った!

IMG_20231020_132028_(136_x_300_ピクセル)




さて今日は9時に2台を京都コンサートホールに搬入して同期調律。
ピアノは久しぶりのひばりときよし。
浄子さんと彩ちゃんの2台ピアノは5回目かな?

IMG_20231021_134224_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231021_134206_(300_x_225_ピクセル)



この京都コンサートホールはこの1年で3回目。
レコーディングでも2回来てるので慣れたホール。

今日も大入りのお客さんで大盛況。
途中で携帯電話が鳴るトラブルがあったけど順調にコンサート終了。

搬出はフルコン2台なのでいつもの倍かかるけど、それでもトータルで20分で搬出完了!
トラックを国際会議場の方まで停めに行ったので、食事会には遅れて参加!

IMG_20231021_134302_(300_x_225_ピクセル)



東京文化会館     10/17

コンサートホールとしては珍しく搬入口が狭く、リフトに載せる手前でピアノを起こさなきゃならないので、搬入を断る事の多い文化会館の小ホール。
運送業者に委託すると大出費なんだけど、それでもヴィンテージ・スタインウェイを弾きたいと依頼された今夜のリサイタル。
ピアニストのNさんは音色やタッチに関してはとても高い理想を持っているので今夜は楽しみだ。


渋谷から運送業者に運ばれたCD368、文化会館は久しぶり。
調律を終えて彼のリクエストの整音にたっぷり時間をかける。
調律はどこででもできるが、整音はホールに持って行ってやらないと必ず失敗する。
ピアノの調整にたっぷり時間を頂いたので助かります。


IMG_20231020_124837_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231020_124808_(300_x_225_ピクセル)




リハーサルでピアノの位置を通常より板2枚ほど前に出して調整は終了。
本番はステージ下手裏の前室で聞く。
今日で7回目のリサイタルとのことだけど、いつもとは違うピアノが描く景色に常連の聴衆の皆さんの反応が違うのは嬉しい事だ。

搬入リフトは20cm位広げたらしいけど、手前のドアも10cm広げてくれたらいろんなピアノを簡単に運べてピアニスト達の夢が叶うのに、といつも思う。
せっかくの東京文化会館なのに、常設のピアノで最大の努力をするコンサートしかできないのは残念だ。

21時に搬出に来た運送業者は、遅いので渋谷に戻しは明後日になるという。
トラックに2日も載せっばなしでは困るので、アクションだけ抜いて私の車に積んで渋谷に持ち帰り、24時間温度湿度一定のピアノ保管庫に入れます。
これで安心。やれやれ皆さんお疲れさま。





ラフマニノフピアノでサロンコンサート    10/13

福岡からの帰り、調律依頼のあった大津~那智勝浦と回り、渋谷に帰ってきて溜まったスケジュールをこなして、今日はサロンでラフマニノフピアノのコンサート。

コロナ以降で久しぶりの超満員。追加公演もあるのでお客さんも戻って来た感じ。

IMG_20231018_201944_(300_x_169_ピクセル)


それとびっくりなのが、今回のピアニストのOさんは今日が誕生日。
今回のコンサートの依頼を受けた時、なかなかサロンが空いてなかったので、これは偶然。
それでバースデー記念コンサートとなったわけです。



ピアノのオーナーの長谷川さんが入手した時の経緯、私がピアノの修復の技術的な話し等を喋る事になり、例によって時間が押してしまいました(笑)

IMG_20231018_202000_(169_x_300_ピクセル)


ラフマニノフピアノも随分鳴るようになったので、そろそろ完成も間近。あと数回コンサートステージに載せて様子を見て終了かな。



福岡から大津へそして那智勝浦へ   10/9

朝、福岡のホテルをチェックアウトしてフロントの女性に「福岡駅はどっちに歩けば良いですか?」と聞いても何だかちんぷんかんぷん。
何度か聞き直しているうちに、「そうか博多駅と言わないとわからないんだ」と気がついた。難しい~。

さて博多駅から新幹線、京都で琵琶湖線に乗り換えて大津へ。


IMG_20231013_203358_(300_x_225_ピクセル)


IMG_20231009_182733_(300_x_136_ピクセル)


先月頭にオーバーホールしたスタインウェイD型のピッチ上げをやって、大阪経由南紀特急で22時頃、那智勝浦に到着。
久しぶりに駅裏のホテル660に宿泊。




福岡FFGホール   10/8

今日のコンサートはマチネなので9時に搬入。
ここは数回来た記憶があるけど、最後は20年位前。
地下で暗くて古いホールのイメージがあったけど、すっかりリニューアルされていて綺麗でびっくりしました。

ピアノを下ろして地下駐車場へ延々とピアノを運び、車用のエレベーターで更に地下へ。
やっと着いたら更にリフトでステージ脇に降りるので地下4階かな?
懐かしいステージに到着しました。

IMG_20231013_203036_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231013_203021_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231018_193513_(300_x_225_ピクセル)


調律を済ませ、11時からリハーサルなので、その間にお昼を食べに行ったけど、日曜日の天神はものすごい人!
半分は海外からの観光客のようで、渋谷と変わらない混雑。
飲食店も満席で、やっと蕎麦屋に飛び込んで昼食。



本番は客席で聞けたので、ルイスのダイナミックレンジの広い歯切れの良い乾いた音色がホール一杯に広がるのを楽しみました。
お客さんも、いつもと違う音でびっくりしたでしょうね(笑)
111年前のピアノの音だからね!

IMG_20231018_193547_(300_x_225_ピクセル)




さて無事に本番も終わり搬出。
ピアノ車は福山まで走って一泊して明日の日付が変わる頃には東京に戻れるでしょう。
私は福岡にもう一泊。






福岡へ    10/7

三連休の初日なので時間に余裕を見て、昨日ルイス君を積んだデュトロで横浜工場を出発。

IMG_20231013_202929_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231013_202902_(300_x_225_ピクセル)

ともかく鈴鹿まで走り、インター近くのホテルに泊まり、今朝早く出発して福岡に18時到着。



明日はマチネで本番です。
東京からはるばる運んできたのは、九州初上陸のCD368(ルイス君)。
8月に新潟でレコーディングしたSさんのリサイタルです。
1912年から1925年までカーネギーホールなどで活躍したこの楽器が、明日はどんな音で鳴ってくれるか楽しみ。
その後スタッフとホールの周りをぐるぐる回って結局焼き肉屋で遅い晩御飯。






1840年製 エラール到着    10/5

私が1840年頃から1940年頃までのピアノを研究しているのは、この100年間にピアノは大きく変化し、ロマン派の系図がはっきり読み取れるからだ。
7年前に到着した、ほぼオリジナルである1843年製のプレイエルは、ショパンが33歳の時に造られた楽器。
今や、日本で最も活躍するプレイエルになった.

CD75やローズウッド(1887年)、この完成されたNYスタインウェイがどのピアノの延長線上にあるのかは、エラールを見れば一目瞭然。
イギリス式アクションは高速連打を可能にした。
ライバルであったプレイエルがシングルアクションを貫き通したのは、ショパンがそれを許さなかったからだ。
つまりショパンとリストは同じピアノでは再現できないのだ。

一時期、1874年頃のエラールも手元にあったけれど、やはりショパン、リストと同時代の楽器でないと興味がない。
1840年と言えばショパン30歳、リスト29歳。
電気も車もない時代に、洒落たサロンでどんな音楽を奏ででいたのか再現できるのは興味深い。


IMG_20231009_180604_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231009_182129_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231009_182149_(300_x_225_ピクセル)


と言うわけで昨夜、搬入したこのエラールが我々のラインアップに加わったことにより、私の考えるロマン派の系譜がここに完成した。
そして修復を終えてショパンとプレイエルをオリジナル楽器で聴くシリーズが始まる。





秩父ミューズバーク レコ-ディング最終日    10/3

いつもの事だけど、出張が続くと、朝目覚め時、『ここはどこ?今日は何する日だっけ?』になる。
そろそろボケてきたか(苦笑)

最近ビジネスホテルの朝食は豪華に競争しているのに、ルートインは今まで通り(笑)



朝食食べてホールに9時入りで調律。

IMG_20231003_184309_(225_x_300_ピクセル)


ミューズパークはこの季節が温度湿度安定していて最高。
もう少し経つと虫の音がうるさいし、春は花粉が酷い。
ピアノも安定していて昨日張り替えた弦も既に安定している。

IMG_20231003_181140_(300_x_225_ピクセル)




昨日のセッションを仮編集した音源を聞いて気になる所を部分録り。
午後は、編集の国ちゃんだけ残して、

IMG_20231003_181424_(169_x_300_ピクセル)

みんなで久しぶりにマジョラムのカレーを食べに行きました。
写真撮るのを忘れて皿だけになってたから、

IMG_20231003_184216_(300_x_225_ピクセル)

持ち帰りの国ちゃんの分を写メ。

IMG_20231003_184248_(300_x_225_ピクセル)




夕方にはピアニストが乗ってきて、通しで弾き始めた、体力有り余ってるね!
若いって素晴らしい~。

無事に予定通りレコーディングは終わり、アーティストとディレクターはタクシーで山を降りて秩父駅へ向かいレッドアローで帰りました。

私とエンジニアはピアノと機材を片付けてピアノ車待ち。



誰も居なくなったホールの客席に座ってステージを見ると、このミューズパーク音楽堂ができた33年前を思い出す。
振り返ればここがコンサート調律師としての出発点。
普通の調律師など馬鹿にして相手にしなかったM楽器は、スタインウェイとコンサートホールに手を出そうとしたら、豹変して猛烈な攻撃を仕掛けて脅しにきたのを、初めて打ち破った記念の音楽堂。
この辺の事はさらっとスタインウェイ戦争に書いたけど、現実はその十倍以上の酷い事があった。
同業の調律師達の為に戦っていたのに、あろう事か彼らは大きいもの強いものにはペコペコ。
スタインウェイと言うだけでヘコヘコ(笑)

同業同志で出る釘は打つ体質に呆れた。

アーティストや大手レコード会社とは長いお付き合いになり、今あるのも彼らのお陰だから、どんな協力も惜しまない。
根っから義理堅いからね(笑)

オープン以来、33年経ったこのホールの客席に座っていると、感慨深いものがありました。
この件はいずれまとめて書きましょう。
渋谷にピアノが溜まって来たので、今回使ったピアノはとりあえず秩父倉庫に下ろして空荷で戻り、機材はレコード会社に戻しました。






秩父ミューズバークで録音     10/2

昨日、北海道から戻って来た時は暑かったけど、今朝は北海道と同じ位の気温。
そりゃいくらなんでも10月だもんね。


さて7時にご存知ニューブルクを積み込んで、録音機材車と2台で秩父へ。
今日、明日はコロムビアDENONのレコーディング。
ピッタリ9時にミューズパーク到着、ピアノを搬入して調律。

IMG_20231003_181333_(300_x_225_ピクセル)



サウンドチェックで椅子の軋みを直したりのトラブルはあったけど、昼から録り初めて超絶技巧曲集は順調に進んでいました。

IMG_20231003_181354_(300_x_225_ピクセル)



ところが夕方になって直しの調律に入ったらなんと15番が断弦!

IMG_20231003_181224_(136_x_300_ピクセル)


珍しいね、貸出ピアノは4~5年で弦は交換するのでこういったトラブルはまずないけど、新しい弦でも切れる事はある。
張り替えるのは苦でもないけど、その後調律が落ち着かないので私は忙しくなる(苦笑)
5分で弦は交換してその後2回程直しに入ったけどその他は順調。



今日、ほとんど収録曲録り終えてしまったので、明日はぐっと楽になりました。
今夜のホテルは西武秩父駅前ルートインなので、みんなで近くの夢庵で晩ごはんと呑み会。

IMG_20231003_181440_(300_x_169_ピクセル)






北海道から戻ります     10/1

もう10月。北海道は涼しい~!

今日は帯広の大平原を走って、

IMG_20231003_164825_(300_x_225_ピクセル)


お友達のスタインウェイを調律して、今回の北海道ツァー全日程終了。

今日は調律1台だけだけど移動距離が長い。
帯広から旭川空港まで走るので早めに出たらスイスイと早めに富良野に着いたので、今回は食に恵まれなかったから、途中にある「サンタのヒゲ」に寄って四分の1サイズの「サンタのヒゲミックスアイスあずきバージョ」ンを食べた!

IMG_20231003_164855_(300_x_225_ピクセル)



旭川空港に着いてレンタカーを返して、ここでやっと海鮮丼。

IMG_20231003_175748_(300_x_225_ピクセル)


そして最終の飛行機に乗り、

IMG_20231003_165001_(300_x_225_ピクセル)


23時30分に渋谷到着。
暑いね~!