fc2ブログ

三島市民文化会館   11/29

三島の仕事はピアニストKさんの依頼。
地元なので定期的にここでコンサートをやっています。

20231129_105202.jpg


このホールは新幹線で行くと渋谷から1時間半かからないので、下手に車で埼玉や千葉に行くよりむしろ早い。

20231129_120915.jpg


今朝も時入りで11時アップだったので昼頃には渋谷に戻って来た。
ピアノ持ち込みじゃないと楽だね~(笑)




宗次ホール本番     11/26

昨日は過酷な搬入後、調律なしですぐリハーサルだったので、朝からやっと調律。
ピッチはかなり下がっていたので急いで430に上げ、リハーサル。

IMG_20231127_202833_(300_x_225_ピクセル)

やはりショパンはプレイエルでピッチ430がしっくり来る。

IMG_20231127_202926_(300_x_169_ピクセル)

IMG_20231127_202942_(300_x_169_ピクセル)



終演後ピアノの写メを撮る人続出。
オーナーの宗次さんもステージに上がって記念写真(笑)

IMG_20231127_202817_(300_x_225_ピクセル)


さて搬出。
昨日の搬入で色々様子がわかったので、搬出はもっとスムーズにできた。

received_1270705136936256.jpeg

トラックとスタッフはそのまま東京に帰り、私は栄から地下鉄経由で新幹線で戻りました。

IMG_20231127_202910_(300_x_225_ピクセル)



半年悩んだ搬入方法だったけど無事に任務終了。
運送業者に委託すれば手も服も汚さないし楽だけど、その運送代金が経費に上乗せされるから、ホール側もアーティストを呼びたくても呼べなくなるか、現場にあるモダンピアノを弾いて欲しいとなる。
それくらいピアノの運送業者の見積もりは高い。
それではアーティスト・サーヴィスにならないから、我々でピアノを搬入して搬入費用を削って1つでも多くの公演を実現させてあげるための企業努力。





名古屋 宗次ホール      11/25

ちょうど1年前、この宗次ホールにプレイエルを入れた時は、東京から名古屋まで自社トラックで運んできて、地元の運送業者さんに階段上げ搬入してもらいましたが、その時、階段やエレベーターのサイズなどを確認して、今年は宗次ホール用の搬入グッズを製作して、我々で搬入を決行する事にしました。

このホールは搬入口がなく、裏の楽屋口エレベーター前も曲がっているし、歩道も傾斜しており、エレベーターの入口幅は70cm、奥行きは205cmしかないという難所中の難所。
フルコンは物理的に無理だけどプレイエルならなんとかなるかもとチャレンジ。

充分準備をして、サロンでも鍵盤を下にして倒立させる練習を2回やって、アタッチメントを作って、アクションや外装、屋根も外して出発。
小型のトラックでないと歩道にはみ出すので、使用トラックはアーバン。
これだと運転手とスタッフ2人しか乗れないので、私は他の仕事をこなして14時30分頃の新幹線に乗って宗次ホール搬入口で合流。

明日このピアノを弾くピアニストの川口君も搬入口に来て手伝うと言ってくれましたが、本番前に怪我されたら困るのでカメラマンになってもらいました。

IMG_20231127_194138.jpg



今日の宗次ホールでは、先日みなとみらいでラフマニノフのコンサートをやったチェロの伊藤/渡邉両人とハープのコンサートをマチネでやっていたので、それが終わる17時頃に搬入開始。

北海道から今日明日のコンサートを聞きに来た友人も雑用係で採用(笑)
ちょうど楽屋口で今日の出演者達と会ったので、本番が終わったアーティストにも手伝ってもらいました。(笑)

歩道で布団の上にピアノを起こして、低音側を下にして横に立て、最初のドアから引っ張り込んでエレベーター前まで。
そこで鍵盤を下に斜めに起こしていってエレベーターの入口をくぐらせてクリア(内部は高さ230センチあるので立てられる)。
エレベーターの奥行きとピアノの幅はギリギリ入るので、鍵盤を下に完全に倒立させれば入ります。
なんとか2階のホールまで上がって、同様に引っ張り出してピアノに脚をつけてキャスターを履かせてステージ上まで無事に移動。そこからアクション、外装を組み付けて完成。

これで入らなきゃ明日のコンサートできないからね!
無事に搬入できて、川口君がリハーサル開始。




宗次ホールといえばCoCo壱番屋のカレーを振る舞って頂きました。
今回のスタッフのノット君はタイ人。
カレーの辛さを聞かれて、何と20倍!
ホールの人達も見たこと無い!って興味津々。

IMG_20231126_112343.jpg


私は普通の3倍。比べると色は全く違うしドロッとしてるぞ!
彼は「うん、辛い」と言いながらもペロッと平らげた。
少し味見させてもらったら舌が麻痺して自分のカレーの味がわからない(笑)

リハーサル最中に我々はお先に失礼してホテルに送ってもらってドライバーは実家へ。
明日は朝の8時半に集合。






ラフマニノフピアノ コンサート       11/24

今日の松濤サロンは、ラフマニノフ150周年記念コンサートです。
ラフマニノフのコンチェルトも演奏するので、オケバート用のピアノも並べてフルコン2台、チェロ、ヴァイオリンのスペースも必要。
狭いけどまぁ何とか座席も並びました。

IMG_20231126_191558_(169_x_300_ピクセル)


冒頭でピアノオーナーの長谷川さんがピアノを手に入れた時の経緯等を話し、2曲ほど聞いて、私も喋る事になっていたので、工場作業の後で真っ黒だったのをとりあえず着替えて参加(笑)
ピアノのいつものストーリーを喋り、あとはみなさんが楽しんで演奏を始めました。
私は途中で退席して名古屋の準備!




カフェ大忙し          11/23

今日は祝日、長らく休んでいたカフェに20名の貸し切りが入ったので、昨夜から修理中のピアノを外に出してカフェの大掃除!
長らく使ってなかったカフェの看板ピアノも元の位置に設置して久しぶりに調律。
カフェ担当のOシェフも張り切ってコース料理を準備。

今日はボジョレー・ヌーボの会。コロナ前は毎年やってたから3年ぶりぐらいかな?
カフェも20名以上の貸し切りは本当に久しぶり。

IMG_20231123_155606_(20_x_20_mm).jpg


料理も大好評で皆さん大満足。
タカギクラヴィアのグループ会社のT&Kが主催なので、ジャズ部門からグレースのピアノにギター、歌まで出演して盛り上がってました。
活気があるって良いね!
当分の間は、貸し切りのみで営業再開します。




浜離宮朝日ホール     11/22

昨夜、新潟から帰って寝たのは3時頃だったけど、6時半に起床。
プレイエルを積み込んで浜離宮に朝8時に搬入。
浜離宮恒例のランチタイムコンサートは朝が早い。

IMG_20231126_182457_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231126_182439_(300_x_225_ピクセル)


ホールに搬入後、調律、やがてK君が現れてリハーサル、そして開場。
平日のランチタイムなのにほぼ満席!
京都と同じプログラムで、最後にショパンの1番のコンチェルトで締めるのはなかなかのアイディア。

IMG_20231126_182552_(300_x_225_ピクセル)




終演後もお客さんがプレイエルの写真を撮るのでなかなか搬出出来ないのはいつもの光景。

IMG_20231126_182521_(300_x_225_ピクセル)



やっと搬出して夕方渋谷に戻る。
今日も杉並公会堂やテレビ局の番組収録などが重なっていて、続々ピアノが帰ってきたり出ていったりで、パズルの様なスケジュール。





段十ろうホール 録音初日    11/20

今日からリストとブラームスの録音です。
8月にここで録音した菅谷さんの追加録音なので、ピアノも同じヴィンテージ1912年製。

朝9時にホールに入り、トラックからピアノを搬入。

IMG_20231121_184353_(300_x_225_ピクセル)

まずはパワーゲートからヨブちゃんで搬入口に降ろして、新型台車に積み替えてヨイショヨイショ。
久しぶりに1人で搬入。



セッティングを終えて調律をやっていたらエンジニアの酒井さん到着。
その後ピアニストとプロデューサーが到着して、リハーサルもほとんど無しで録り始めた。
これが持ち込みピアノの利点。

IMG_20231121_185323_(300_x_136_ピクセル)

IMG_20231121_185233_(300_x_225_ピクセル)


もう何度もこのピアノを弾いてるので、つまずくところも無くスムーズに録音は進み、今夜は前回行った蕎麦屋に集合して晩御飯。
梨の天ぷら初めて食べた~微妙!(笑)

IMG_20231121_185358_(300_x_136_ピクセル)








新潟県十日町レコーディング       11/19

明日からのレコーディングの為にピアノを段十ろうホールに運びます。
夕方横浜の工場でピアノを積んで新潟まで走行、今回は完全に1人で運ぶので前乗りです。

IMG_20231121_183733_(300_x_225_ピクセル)


ちょっと道を迷ったけど夜8時半に到着。
今夜はホールの搬入口にトラックを停めさせてもらって、いつものニュー十日町ホテルに宿泊。
豪雪地帯なので搬入口もトラックを停めてもシャッター下ろせるし、エアコン用の電源は貸してくれるし、至れり尽くせり。

IMG_20231121_184443_(300_x_225_ピクセル)


そのおかげでピアノはトラックの荷室の中で一晩エアコンでぬくぬく。ありがたや。
明日からのレコーディングが楽しみ。








サロン・コンサート        11/17

今日のサロンは、大塚さんのラフマニノ・フピアノコンサート。
なんと、先日のサロン・コンサートの追加公演です。
今夜も大入りのお客さんで盛り上がりました。

IMG_20231121_182215_(169_x_300_ピクセル)


冒頭でオーナーの長谷川さんがピアノを手に入れた経緯を説明。

IMG_20231121_182237_(300_x_169_ピクセル)

2部の頭で私が技術的な事をトーク。またまた長くなってしまった(笑)



終演後のこの人だかりを見れば今夜のコンサートが成功だった事がわかる。
サロンで目の前で聴く巨匠達のピアノは他では味わえない。

IMG_20231121_183330_(300_x_225_ピクセル)




工場作業その2            11/16

やっと作った工場作業2日目。
誕生日まであと1ヶ月になってしまった、また年をとると思うと焦るね~(苦笑)


今日は3日後の新潟レコーディングに備えてデュトロのタイヤを全部スタッドレスに交換。

IMG_20231121_180401_(136_x_300_ピクセル)

ネットで安いタイヤを買ってタイヤフィッターという店で交換だけ頼む。
以前は自分でやってたけど、3t車の16インチタイヤ6本を交換すると丸一日かかるし、体力が持たなくなったので、今では委託しています。




30分程待てば作業終了、楽ちん。
その後は工場に戻り今日は溶接日。
台車を2台並行して作りました。

IMG_20231121_171848_(300_x_136_ピクセル)

IMG_20231121_171831_(300_x_136_ピクセル)


ステージ上げ用は自在タイヤ交換直前まで、ガレージ用の大径タイヤ仕様の油圧台車は完成。
あとは綺麗にして色を塗るだけ。
この台車はもう10台以上作ってるので慣れた物。
溶接とグラインダーの粉で真っ黒になったまま軽トラに台車を積んで渋谷に戻って実験。楽しい。





工場作業          11/15

やっと時間が出来て楽しい工場作業。
溜まりに溜まった製作物で工場に1人で篭もれるのは幸せ。
ここは我が社の原点だからね。

今日はプレイエル用の馬を2個作る。
廃材を切ってボルト穴を空けて折りたたみ式の馬が完成。
これがあればプレイエルのベタルを1人で付けられる。モダンピアノの低音側1番の脚を外す時にも便利。
運送業者も脚を外してピアノを起こす時に普通に使っている道具。やっと完成。

IMG_20231121_162325.jpg

IMG_20231121_162347.jpg



その後、油圧部品屋さんに行って、120cmでもステージ上げができる油圧台車改造用の部品探し。
手に入れた台車がDIN規格のネジピッチで、逆止弁や取り回しのホースに付けるエルボ等はインチ規格だからネジ変換ジョイントやらなんやらを揃えてとりあえず半完成。

IMG_20231121_160716_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231121_160659_(300_x_225_ピクセル)


この辺で時間切れ。
今日、明日の作業で完成させなきゃ。





堺から名古屋経由で渋谷に    11/14

堺から南海電車でなんばに着いたので、名古屋まで55年ぶりに近鉄特急で行ってみようと思い立ち久しぶりに乗りました。

IMG_20231121_155358_(300_x_136_ピクセル)

高校1年の頃、10ヶ月ほど暮らした四日市を通って名古屋へ向かう車窓の景色は変わらず懐かしい。

IMG_20231121_155428_(300_x_136_ピクセル)




名古屋駅から地下鉄で栄に行って、今月末にプレイエルを運ぶ宗次ホールの搬入経路の下見。
昨年は名古屋の運送業者に委託したのですが、その際、プレイエルの鍵盤を下にして倒立させたらエレベーターに入りそうだと思ったので再度下見に。

IMG_20231121_155103_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231121_154942_(300_x_225_ピクセル)


いやはや難しいけど何とかしたい。
帰りの新幹線でも悩む悩む。難しいと余計に燃える性格なので(苦笑)

20231121_155145326.jpg





京都から神戸へ    11/13

昨日のサロンコンサートが終ってから新幹線で京都に入り、22時半頃にはホテルに着きました。
ピアノ車は深夜1時頃に到着したみたい。

今朝は京都で午前中にクローズのコンサートをやって、

IMG_20231121_153805_(300_x_169_ピクセル)


楽器を搬出してそのまま神戸に走り、午後は別のクローズの演奏会をこなして

IMG_20231122_101317_(100_x_75_ピクセル)


夕方搬出するという荒業コンサート。



同じ場所で2連チャンはよくあるけど、別の会場で朝昼で2連チャンは初めてかも。
その後、トラックで堺のホテルまで送ってもらってトラックは渋谷に戻り、私は打ち上げに参加して呑んで堺のホテル泊。
来月もフェニーチェ堺に来るから、堺は良く来る街になったね。





ラフマニノフピアノ サロンコンサート  11/12

今日はマチネで、ラフマニノフピアノを使用して赤木さんのサロン・コンサートがありました。

IMG_20231121_151835_(169_x_300_ピクセル)


前回よりも更にピアノに慣れて、この難しい楽器の魅力を引き出せたようです。
楽器から学んで音楽的に成長していく事ができるのは普通の楽器では物理的な成長しかないからね。
素晴らしいです。例によって私のトークは長かったかな?(苦笑)

終演後カフェで懇親会だったけど、私は今夜の新幹線で京都に戻らなきゃならないのでお先に失礼しました。
皆さんお疲れ様!




バロックザール本番     11/11

昨日はリハーサル、今日の本番はマチネ公演。
プレイエルは元気に働いています。

IMG_20231121_145952_(300_x_225_ピクセル)

IMG_20231121_150018_(300_x_225_ピクセル)


今日のプログラムは、メンデルスゾーンやアルカンなどの他に、珍しくショパン:コンチェルト1番のソロバージョン。
普段はチェンバロなども良く使うホールなので、マニアックなお客さんが多いのかな?

IMG_20231121_161043_(300_x_136_ピクセル)



ちょうど昨日、大阪で別のイヴェントにピアノを運んだスタッフが搬出手伝いに来たので、3トン車のパワーゲートでプレイエルを搬出しようとしたのが大失敗。
前の道が狭くて3トントラックは道を塞いで大迷惑!
失礼しました(苦笑)


搬出が終って、渋谷に着いたのが夜10時頃。お疲れ様。






京都 青山音楽記念館バロックザール   11/10

昨夜渋谷を出発して京都泊。

IMG_20231121_144400_(300_x_225_ピクセル)



今朝バロックザールに搬入。

IMG_20231121_144420_(300_x_225_ピクセル)

ここの搬入経路は窓のような所を登って降りる難所。
プレイエルなので何とかなったけど、フルコンは難しい。

調律が終った頃に川口君が来てリハーサル。

IMG_20231121_144444_(300_x_225_ピクセル)

本番は明日なので我々は失礼してスタッフは渋谷に帰り、私はホテルで久しぶりにのんびり。



ホロヴィッツ メモリアルコンサート   11/5

毎年11/5恒例、ホシノさんのホロヴィッツメモリアルコンサート。
しばらくコロナで開催できなかったけれど、今年から再開しました。
今年は昼夜2回公演で、いずれもマックスの70席満席。
しかもステージにはCD75とラフマニノフのピアノが2台並んでいるので窮屈(苦笑)

IMG_20231121_125130_(4000_x_3000_ピクセル)



プログラムも盛り沢山で、アンコールでは飛び入りでヴァイオリンの濱田さんが1曲。

IMG_20231121_151859_(169_x_300_ピクセル)


東君も1曲

IMG_20231121_151916_(300_x_169_ピクセル)


もちろん私のトークが1番長かったかも知れない(笑)



昼も夜も盛り上がって終演後カフェで久しぶりの打ち上げ。
終わったら日付が変わっていた。





観音寺ハイスタッフホール    11/4

ここは去年М大ちゃんのレコーディングで初めて来た、駅前のとても綺麗なホール。

IMG_20231112_192501_(20_x_20_mm).jpg



今日はプーレさんのコンサート。
東京からではちょっと難しいけど、ちょうど大阪にいたので、調律のスケジュールを入れました。
三連休なのと、大ホールで別のイヴェントがあって観音寺のホテルは取れなかったらしいので、やむなく昨夜は岡山泊。


IMG_20231112_192409_(20_x_20_mm).jpg

IMG_20231112_192432_(20_x_20_mm).jpg


朝8時台の特急で観音寺に10時前に着いてホールのピアノを調律。

IMG_20231112_192543_(20_x_20_mm).jpg


なんとピッチが444ぐらいにに上がってる!
プーレさんはピッチが高いほうが好きだけど、いくらなんでもなので、ピッチ下げ。

記録ノートには、前回は442に調律したと書いてあるけど、調律は上げるより下げるほうが厄介。
こんな事があるのでホールのピアノの調律はなるべく受けたくない。



そろそろ終わった頃に御一行樣到着。
すぐにお昼を食べに行こうとになって、皆で讃岐うどん屋さんへ。
その後ホールに戻ってリハーサルを聴いた。

IMG_20231112_192602_(20_x_20_mm).jpg


昨日までのギルとの公演では、ピアノは1887年のローズウッド。
ロマン派のピアノだったから、今日の甘ったるい円やかなモダンピアノは私には違和感。

プログラムはいつもの渋い大人のドビュッシーのソナタ。




リハーサル途中で私は失礼して特急、新幹線を乗り継いで

IMG_20231112_192703_(300_x_225_ピクセル)


渋谷に21時頃に戻って明日の準備。
三者三様、世界レヴェルの弦楽器との共演を終えて満足満足。





大阪 いずみホール    11/3

一昨日のオペラシティに続いてギル/江口の大阪公演。
ローズウッドを積んだピアノ車は昨夜、名神の多賀まで走ってハイウェイホテルに泊まったようだ。
私は新幹線で大阪まで来て天王寺のホテルに泊まり、朝9時に大阪いずみホール集合。




久しぶりのいずみホール!
大阪はこことシンフォニーが音が良いホール。
ピアノをステージに置いて調律していると反響が気持ち良い。

IMG_20231112_192112_(300_x_225_ピクセル)



そしてリハーサル。一昨日とは雲泥の差。
やはりホールも楽器だということは、同じピアノを持ち運ぶと一発でわかる。

IMG_20231112_192222.jpg



ご機嫌なリハーサルを終えて本番。
三連休なので今日もマチネ。


IMG_20231112_192258.jpg

コンサートは完璧で言うことなし!
人柄も素晴らしいギルにも久しぶりに会えて嬉しいツアーでした。

IMG_20231112_192328.jpg




ピアノを搬出してピアノ車は帰京、私は新幹線で岡山に向かい、今夜は岡山泊。

IMG_20231112_192345.jpg






みなとみらい    11/2

11月なのに暑いね。

今日はみなとみらいの大ホールにラフマニノフピアノを持ち込んで、チェロとの共演。

IMG_20231111_155943_(300_x_225_ピクセル)

ロンドン在住のチェロのI君は、大のラフマニノフファン。
その彼が「ラフマニノフ考」という本を出版して、その発売記念も兼ねてのリサイタル。


平日の昼間のコンサートなのに大勢の観客でびっくり!

IMG_20231111_160001_(300_x_225_ピクセル)

ピアノを弾いたのはW君。
このピアノもそろそろ仕上がって来たので大ホールでの鳴りをチェック。
奏者は2人とも素晴らしいアーティストで、コンサートはトップレベルでした。
大満足で終演。

IMG_20231111_155850_(300_x_225_ピクセル)




終演後は、いつものようにピアノの写真を撮る人だかり。

IMG_20231111_160031_(300_x_225_ピクセル)




ラフマニノフピアノもやっとここまででき上がったので、私の仕事はそろそろ終盤。

搬出はスタッフに任せて渋谷に戻り、品川から新幹線に飛び乗って大阪・天王寺のホテル泊。