FC2ブログ

ショパンピアノ全作品 連続演奏会

明日で2月も終わりだ。
朝8時37分発の新幹線で名古屋に向かってます。
今日は名古屋のお客さんのコンサートで調律を頼まれたので、日帰り出張というわけです。
夕方には東京に戻って、明日のサロンコンサートの準備をしなければなりません。

明日3月1日は、今年の松濤サロンプロジェクトの1つである自主企画「ショパンピアノ全曲 連続演奏会」全12回の記念すべき第1回目です。しかも、ショパンの誕生日!
この企画は来年のショパン生誕200年の前年に、ショパンのピアノ曲を、作品番号順に全曲聞いてみよう!という企画です。
まだ15歳、無名のポーランド時代から没するまでの全曲を、ショパンの研究家の小坂さんが解説するレクチャーコンサートですから、その曲を作った頃のショパンの人となりや心情もわかり、全12回でショパンの生涯がわかる(ような気がする)、これを聴かずしてショパンを語るなかれ!

というわけで、使用楽器は1887年生まれ、ロマン派の香りが色濃く残るローズウッドのスタインウェイ。
外では決して聴けない19世紀の音色を、目の前で聴く贅沢!
いくら名ピアニストでも、ピカピカの真新しいピアノで、弾いたらこのニュアンスは絶対出せない。
などなど、楽しみなシリーズだ。

サロンを作った時から私がやりたかった企画の1つだから、当然採算は度外視。
私が楽しみたい(笑)