FC2ブログ

都心で暖炉

池袋のNさん邸で、恒例のサロンコンサートに行ってきました。
かれこれ25年位のお付き合いになるNさんの自宅には暖炉があり、
それに火を入れて、部屋でくつろぎながら生のジャズを聴きます。
まるで昭和初期にタイムスリップしたような、時間が止まった空間が好きで、
毎年冬になると、この部屋の暖炉に暖まりに行っていました。

ある時、
「この家も相続の関係で解体の危機にあい敷地は半分になってしまったけど、
この暖炉の部屋は残しました」
との便りをもらいました。
懐かしくて、久しぶりにお邪魔し、またこの暖炉に薪をくべながらワインを呑んだくれて、昔話。
何も変わってないな・・・と見渡すと、グランドピアノがなくなっていた!
これは大変!と、同サイズのグランドピアノを寄贈。これで何もかも昔と一緒だ。
暖炉に薪をくべて、毎年同じように歳をとっていく友人と
ワインをのみながら好きな音楽を聴く都心の貴重な空間です。

090321_1834~01