FC2ブログ

明日から新年度

早いですね~もう4月ですよ。
「今日はどこにピアノを持って行きました~」というこの日記も、
3000回を越すと、そろそろ飽きてきたので、少し書き方を変えようと言ってたのに、
気がつけば、結構同じような内容になっている事に反省。
いや、今日はどこに行ったって書くのは、頭を使わなくて楽なんですよ(笑)

それでも、明日から新年度だから気分を新たに、少し変えましょう。
今日、数日間、船堀タワーホールに貸し出されていた、CD199が帰ってきました。
(あまり話が変わらないか)
090327.jpg

私共のコンサートグランドピアノの最終調整は、必ずコンサートホールでやります。
会社に置いてある時はあくまで仮の姿なので、音量や音色を狭い場所で決めてしまうと、
ホールに持って行くと必ず物足りないと言う事になります。
ピアノは持ち運べないという常識を破ってみると、とても面白いデータが取れます。
室内ではあんなに良く鳴ってた楽器が、ホールに持って行くと、何と大人しい楽器に…となってしまいます。
これを経験すると、整音やタッチ調整に対する概念が根本的に変わります。
幸いな事にタカギクラヴィアでは、ほぼ毎日のようにどこかのコンサートホールに
貸し出されているので、最高の実験場でピアノは磨かれます。
著名なピアニストが、自宅の自慢のフルコンをコンサートホールに持ち込んだらあまりにも聞こえなくて、びっくりしたという話を聞いた事があります。
狭い空間では、出した音が直接自分に返ってくるけど、コンサートホールではほとんどの音が飛んで行ってしまうので、音は痩せて、鍵盤まで急に重くなったように感じます。
それはそれは極端に変わります。
まれにそれを感じさせないホールがありますが、それは例外なく良いホールです。
さて明日から4月、新年度から我が社も新しいスタッフが加わり、デスクも増えて模様替えです。