横浜美術館ホール          5/13

時々ピアノを貸し出している横浜美術館だけど、私は初めてです。
今回はハウスピアノ使用で、知らないピアノはちょっと憂鬱。
しかもマチネで調律は1時間ちょっとしかない。

DSC_0009.jpg

基本的によほど親しい人にお願いされない限り、ホールのピアノの調律は断っているけど、今日は久しぶりに来日したシュテファン・ズィーバス先生だし、予算と時間の兼ね合いで仕方ない。
ドイツに熟年留学している奥山さんのリサイタル。

DSC_0014.jpg

それにしてもカンカン良く鳴るピアノで、シュテファン先生には鳴りすぎる。
しかし私がハウスピアノは調律以外はやらない事はみんな知っているし、シュテファン先生も「大丈夫大丈夫!」ってニコニコしてるけど、やむなく屋根を閉めてあげた。(笑)
ハウスピアノってそのピアノを管理している人がいるのだから、外部の人間がいじくるのは如何なものかと私は思っているので、
よほどの故障(音が出ない、音が止まらない)以外はごめんなさい。
それが嫌なら最初からピアノを持ち込む。
それが可能なのが、わが社のシステムだから、私を良く知るピアニスト達がハウスピアノの調律を依頼するときは、その辺を良くわかっているので、私が行くのは安心の為(笑)
他の調律師達は、現場のピアノで困ったら、必死になってピアノをいじくり回すか、(その費用は誰も出してくれない)、酷いピアノだと文句をつけるかしか自分を守る方法が無い。
しかし、そもそも公共ホールのピアノは共同ピアノだから、特定のピアニストの好みに調整を変えて良いわけがない。

まぁ、またそんな事考えながら私はリハーサルを聞いてました。

みなとみらいに来たら、やっぱりお昼は陳さんの麻婆豆腐でしょ。

05-13@12-48-42-410.jpg

おいしく頂きながら、「昔、中国で旅人に豆腐料理を出してるおばあさんがいて、その味が評判になって、この料理が広まった。そのおばあさんの顔にアバタ(麻)があったので麻婆豆腐と言う名前がついた」って講釈を読んで妙に感心したり、婆さんに失礼な話だなぁと思ったり(笑)


FC2Ad