スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわや大惨事     2/16

今日のミッションは、全弦交換が終わった秩父ミューズパークのスタインウェイD型を午前中に納品。
朝7時に楽器をデュトロにに積み込んで、ついでに私のジャガーを秩父倉庫に留め置きするためにデュトロと一緒に秩父へ。
富ヶ谷から首都高速C2に入り、私はジャガーでデュトロの真後ろを走行。
C2に入ってすぐ、前を走るデュトロのマフラーから白煙!やがてスピードダウン。
これはエンジントラブルと直感したけどC2の狭いトンネルの中では止まれない!
デュトロはハザードを、つけながらどんどんスピードダウン!
ヤバイ~追突されるー。
中野長者橋を過ぎたあたりで耐えきれず「一旦停まります」と電話があり、偶然多少広くなった路肩に停車と共にエンジン停止!

received_1624127584346500.jpeg

危ないのでデュトロの前に回って私も停車。
非常電話で道路公団に事情説明と共に、保険会社に電話してレッカー移動を依頼。
やがて道路公団が来て車線規制をしたので、大渋滞始まる!ごめんなさ~い!
まぁ、これで追突からも免れるので助かったけど、狭い首都高のトンネルの中で停車は初めてだなぁ…。

その後、道路公団のトラックに牽引されて北池袋の出口から出してもらい、会社から到着したアーバンにピアノを積み替えた頃、頼んであったレッカー車到着。

received_1624166094342649.jpeg

デュトロはこのまま横浜の整備工場までレッカー移動。
実はこの整備工場でエンジン修理して、やっと1週間前に戻ってきたばかり。
前は時速80以上出すと突然エンジンに力がなくなる故障だったけど、今度は完全にエンジンが停止してしまうので、修理前より症状が酷くなった!大クレーム!

ピアノは無事に秩父に到着して、ミューズパークに搬入。

DSC_4195.jpg

見違えるようになったけれど、今回の修繕依頼は全弦交換だけでアクションはやってないので、音色やタッチは「???」状態のまま。
現在保守管理やっている調律師のセンスなんだろうけど…

このピアノの事は「スタインウェイ戦争」にも詳しく書いたし、業界では有名なピアノだったのに、今やニューヨークだかハンブルグだかわからない中途半端なピアノになってしまったね。
せっかくのニューヨークスタインウェイを、どうしてハンブルグのように調整してしまうんだろうね。
知ったかぶりの調律師がいじくり回すとこうなるという良い見本。
とは言っても、私は「ホールの業者独占は許さない!と」声を上げて来たので、ホールのピアノは自由に調律師を入れて運営するべきだと思うけど、こういう現状見ると、なんだかねぇ~。
まぁいろいろあった今日1日でした(笑)



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。