FC2ブログ

上尾病院中村記念講堂        7/17

IMG_20180730_193045.jpg


上尾駅前にある上尾中央病院に2年前完成した新館の10階には、音楽ホールを兼ねる記念講堂があります。
5年ほど前に旧知の院長より、医療と音楽の新しい試みとしてこのホールで良質な音楽が聴ける環境を整えたいとの依頼で、まだ図面の段階からホールの構造、音響にアドバイザーとして加わり、病院に併設された講堂とは思えない、音楽ホールとしても本格的な構造となっています。
ピアノはこの病院の創設年と同じ「1965年製のスタインウェイフルコン」という要望だったので、これがけっこう大変(笑)
我々アメリカのネットワークで探しに探してもなかなか出てこないし、たまに見つかっても、「なぜピンポイントで指定の年号なのか?」という情報が業界に回り、値段を吊り上げてくる。さすがアメリカ(笑)
しかしこちらも長年アメリカのビジネスには慣れてるので、欲しそうな顔はしない。
そのうちしびれを切らしてだんだん値が下がってくる。
あきらめた頃を見計らって買いに入る。適正な価格じゃないとね(笑)

さて、楽器が見つかれば完全オーバーホールするのは慣れたものだから、響板からピン板まで全て交換して製造当時の新品の状態を目指します。
でき上がったら空輸して、楽器として仕上げる最終作業は東京で、じっくり。
ホールが完成して2年経ち、建物も楽器も落ち着いてきたのでこれからが楽しみです。

今日はコントラバスとヴァイオリンの珍しいDuo。
共にドイツのオーケストラ所属のお二人は実力もトップレヴェル。
こんな音楽を病院で患者さんが聴けるなんて素晴らしい!




FC2Ad