FC2ブログ

古座川から帰る途中 11/20

昨日は京都でピアノ台車を納品、今日は和歌山の古座川公民館へスタインウェイのB型を搬入しました。
ピアノを使用するコンサートは10日後なんですが、その日はスケジュールがいっぱいで身動き取れないので、今回早めに搬入。
こうすれば、本番のピアノで毎日練習もできるというメリットもあり!

IMG_29112019_151254_(300_x_169_ピクセル)

ピアノを下ろして調律をやって帰路に就いたけど、せっかくなので、キヨモンの湯でひとっ風呂。

IMG_01122019_195611_(300_x_169_ピクセル)


スタッフは入らないでトラックで寝てました。
さっぱりして再出発!




静岡辺りまで戻ったところで、あちこちで東名一車線規制のため大渋滞。
やれやれと思ってたら明日からのフコク生命チャリティーコンサートで福島に向けて出発したピアノ車から緊急電話!


「福島の白河付近でトラックから異音したので路肩に止まりました!線香花火が燃える臭いがします!」

「煙は出てないか?エンジンは止まったか?」


矢継ぎ早に質問するも動揺しているようで返事が的を得ない。
次のインターかパーキングまで自走できそうだけど、スタッフにもしもの事があってはいけないので、ともかく道路公団に電話して待つように指示。
こっちは横浜工場でトラックを乗り換えて福島まで走ることにした。


途中で入った報告によると、警察のパトカーが止まってくれて時速20キロ位、後方を赤色点灯でガードしてもらいつつ、次のインターで降りて近くのセブンイレブン駐車場に止まっているとのこと。
エンジントラブルといっても、すでに臭いも異音も無くなっているようなので、そのまま目的地の会津若松まで走れそうだけど、運転手は私ではないのでとりあえず白河のセブンイレブンまで救出に走る。
夜中1時過ぎに到着!
トラックは止まっているけどエンジンは回っている。
さすがにもう寒いのでヒーターが効いていて良かった。


ピアノを積み替えている間にエンジンルームを点検すると、なんとクーラーのファンペルトが切れていた!
切れた瞬間に跳び跳ねた異音とゴムがスリップした異臭と判明。
ピアノを乗せかえたスタッフ達は福島へ向かい、我々和歌山組は空荷のトラックで高速で東京に戻る。
もちろん原因がわかったとは言え、もしもの複合故障があるやも知れないので、帰りも私が運転手。
白河から東京まで高速をかっ飛ばして帰りま した(苦笑)


クーラーのファンペルトは独立していて、オルタネーターやパワステのファンベルトとは別だったのでラッキーでした。
我々が東京都に入った午前4時頃、福島組は無事にホテルに到着したとのこと。


和歌山~横浜~福島(白川)~東京と走り続けた1日だったけど、みんな無事で良かった!
コンサートにも穴を開けなかったからねぇ。
家に帰ったら5時過ぎでもう明るい!久しぶりの完徹!お疲れ様!