fc2ブログ

録音2日目

昨日は早く着きすぎたので、今日は8時20分に出発。
友達のマークに借りっ放しのクライスラーは、おおざっぱな作りでいかにもアメ車だけど良く走る。
クーラーが壊れているので昼間は暑いけど、朝晩は半袖では寒い。東京は暑いんだろうな。

ホールに着いて、ピアノのチェック。
ピアノの蓋を長い棒で支えているのは、更に角度を付けて2階席まで音を飛ばすためのエンジニアのアイディアだ。
湿度が安定しているせいか、日本のホールに比べてピアノの変化も少ない。
床もどっしりしているので、日本の ホールにありがちな太鼓にはならず、ピアノの低音がぼわんと膨らむ事もない。
今までニューヨークでは、数多くのレコーディングをやってきたけど、カーネギーホールは別各として、このホールはかなり気に入った。
クラシックの著名なアーティストが、よくここを利用するというのも納得だ。
次回から録音は私もここを使おう。

さて、アーティスト到着。順調に録音は進み(一流アーティストは仕事が早い)、今日の目玉は「春の海」。
アンちゃんは秋に日本でコンサート・ツアーがあるので、その時の為に、日本の曲も入れるらしい。
ぐっさんから、「この琴のパート部分をピアノで弾くと実につまらないので、プリペイドピアノで、琴みたいな音にして欲しい」とのリクエスト。結果は大ウケで久しぶりに涙流して腹から笑った!どうやったかは、秘密(笑)
CDを聴いてのお楽しみ!

今日は順調過ぎて3時には終了!
最初5日間の予定だったのに、録音スタッフが協議した結果、明日14日で終了!となってしまった。
もともとこの録音は11~14日だったのに、直前まで二転三転、担当ディレクターは夏休みで連絡取れず、アーティストも私も翻弄されて大迷惑。いかにもアメリカの会社だ。
予定より早く終わるのは嬉しいけど、飛行機が変更できるわけでもない。
アンは翌日からヨーロッパツアーに出発の予定だったのに変更することに。

私は日本時間の15、16、17日、笠懸野文化ホールでN響メンバーの室内楽レコーディングを頼まれていたのだが、ニューヨーク録音の当初の最終日14日に、友人の調律師Yさんをボストンから呼んで立会いを任せれば、笠懸の初日15日にも間に合うはずだった。
ところが録音が急遽12~15日に変更になり、15日出発となると結局日本に到着するのは16日の夕方。
成田から笠懸に直行して、なんとか最終日17日には間に合うけど、ほとんどをスタッフに任せてしまう事になってしまった。

ボストンから明日三時間走って来てくれるYさんに事情を話したら、彼もどうせならレコーディングを見たいので、早朝出発して9時にホールに来ると言う。
ディレクターは夏休みで、eメールの返事もよこさないという、実にアメリカ的な仕事に皆振り回された。これもアメリカなり。

救いは、レコーディングスタッフがすごくピアノを気に入ってくれて、私達にも貸して欲しい!と言いだした事かな?
ニューヨークで、レコード会社のエンジニアにニューヨークスタインウェイで評価されるのは、嬉しいね!
このホールには、ご自慢のニューヨークスタインウェイがあるんだけどね(笑)