fc2ブログ

NY最終日

予定通りなら今日はレコーディングの最終日。
いつもより早く出発して、ホールの近くのライの町を通ってみた。
ここは教会とお墓の多い町で、15年位前、この町の教会を借り切って、チー・ユンと、フランクのヴァイオリン・ソナタのレコーディングをやった事を思い出す。
その時の模様は、この日記の最初の頃に書いた気がするが、そのCDが今でもこっちのラジオで時々流れると聞いて、懐かしかった。

そこから10分位で今回のホールだ。
9時入りして、調律をやっていたら、ボストンからYさんがやってきた。
久しぶりに会うYさんは、すっかりアメリカに根付いてしまい、日本に帰る気はさらさらないようだ(笑)
早朝から車を飛ばして来てくれたので、何かお手伝いをしてもらおうかと思ったけど、仕事はもう最終局面。
とりあえず持ってきてもらった普通の工具が、何と使いやすい事(笑)

レコーディングはメシアンや、初日のシューベルトの細かい部分を少し取り直して、無事終了。
あとはプレイバックを聞くだけ。
私は明日帰る準備が山のようにあるので、あとはYさんにお任せして、お先に失礼した。

R15をすっ飛ばしながら、今回のレコーディングを振り返ってみると、まず成田で眼鏡を忘れた事に気が付き、ニューヨークに着いたら工具がない、レコーディングのスケジュールの件などいろいろあったけど、終わりよければ全てよしだ。
今日も、レコーディングスタッフが「ピアノを、是非今後とも、貸して欲しい」と、またまたビジネスの話。
ニューヨークは、日本のように、くだらないしがらみや権威主義などほとんどないから、そういう意味で仕事は日本よりずっとやりやすい。
良いものは良い、悪いものは悪いと、実力主義だ。(人種差別はあるけれど)
競争のある世界は刺激的で楽しい。

今ごろ日本ではN響のメンバーのレコーディングが始まっている頃だ。
私は、借りた道具を返して、明日帰る準備で今夜は大忙し。