今日は4ヶ所でコンサート     6/4

毎日コンサートが重なることは良くあるけど、搬入搬出時間もほとんど同じだとまさに綱渡り。
前日に調律を済ませておいたピアノ達を早朝から次々トラックに積み込んで、それぞれの現場に向かいます。
私はまずは朝9時搬入で飯田橋トッパンホールへピアノを搬入して、

received_667793476747452.jpeg

DSC_0084_20170616103458856.jpg

調律を済ませたら車で市川に向かい、11時に芳澤ガーデンへ。
ここは別スタッフが朝9時にピアノ搬入して調律中。ここでスタッフと途中交代。
恒例の芳澤ガーデンjazz。毎年アーティストと企画も頼まれているので、私が本番終了まで待機。

received_667793670080766.jpeg

今年は田中裕士さんのピアノソロとギター。

06-04@14-41-07-35.jpg

同じ頃、別チームは六本木EXシアターにピアノを搬入して調律中。

received_1304336672996462.jpeg

更にいつものように松涛サロンでは貸し切りコンサート。

調理師兼調律師のスタッフMもカフェの開店を遅らせてピアノ運び(笑)
他のスタッフは普通に調律に行ったり、まぁ大騒ぎ。
でも全て無事に終わって、終演後ピアノは続々と会社に戻って来ました。やれやれ。




横浜開港祭                 6/3

今日はお客さんに招かれて、なんと横浜の開港祭に行って来ました。
夕方までに仕事を切り上げて、赤レンガ倉庫の近くから貸し切りの船に乗っての花火見学。

received_1370830879676173.jpeg

received_1370823633010231.jpeg

天気も良く、海の上から見る横浜の街も風情だねぇ…。



山梨県立かえで支援学校         6/2

昨日の本公演の余韻も冷めやらぬまま、今日は山梨県立かえで支援学校の体育館にスタインウェイのフルコンを2本搬入。
訪問コンサートで1番の悩みはピアノ。
他の楽器の演奏家は歌い手も含めて、本番と同じ楽器。
しかしピアノは全く違う楽器で演奏会をやらざるを得ず、特に2台ピアノともなると、以前は体育館のアップライト2台とか、小型のグランドピアノとアップライトなどがせいぜい。
演奏家も諦めてたけど、本公演で使ったスタインウェイのフルコン2台での訪問コンサートができるなんて理想!

DSC_0059.jpg

手抜きのない訪問コンサート終了!
ピアノに群がる子供達の写真はプライバシーがあるので載せられないけど、みんな大喜びでした~。


今日から6月                6/1

なんとあっという間に、今年も半分を終えようとしています。
今日と明日はフコク生命チャリティーコンサートイ in 甲府!
このチャリティーコンサートは私のライフ・ワーク。

今回は2台ピアノのコンサート。
わが社のトラックにはフルコンが2台入らないのでフルコンとM型などの小型のスタインウェイを詰め込んで出発するのが通常のパターン。
当初は持ち込むスタインウェイのフルコンと、もう1台はホールのピアノを借りる手はずになっていたのだけど、訪問先の施設の体育館が簡単に搬入できそうとの事なので、ならばトラック2台でそれぞれにフルコンを積んで2台で行こうと私の独断で決定!

今日の本公演で使った同じスタインウェイのフルコンを施設の体育館で同じ条件でみんなに聞かせてあげられるんだから、このチャリティーに於ける本来の趣旨通り。
そのためにはトラックが2台になろうと、ともかくやりましょう。

そんなわけで張り切って甲府まで走って来ました。
朝10時に甲府のコラニー文化ホールに2台搬入して、調律。

received_1301982803231849.jpeg

いつもの中井/武田ご夫妻も到着。

DSC_0046.jpg

リハーサル聞いてると、今回は新しいプログラム満載で楽しい。
本番は大勢のお客様で盛り上がって終了。
明日は早朝の搬入でホテルの朝ごはんが食べられなくて残念と思っていたら、ホテル特性のおにぎりセットを作ってくれるそう。
そんな親切な天然温泉付きのホテルでした。



久しぶりに会社に戻り    5/31

こういう日は人と会うスケジュールをまとめて入れてあるので、これはこれで疲れるのです(笑)
昨日はヴィンテージのスタインウェイのアップライトの査定。
1925年頃の作で珍しく状態の良い楽器だったけど、価値の査定となると意外と低いのでがっかりされてしまいます。
著名な音楽家の持ち物であったとか現存わずかとか、余程の希少価値がないと、楽器として演奏できる状態にオーバーホールする金額、運賃を既に同型のオーバーホールされた楽器の相場から引くので仕方ありませんね。
でもその楽器の現在の価値ですから、スタインウェイといってもピンきりなわけです。
ヴィンテージの正直な価値判断は非常に難しいので、時々こういった査定を依頼されるのですが、意外と日本にはスタインウェイがかなりの数存在していることに驚きます。

さて、今日はつくばのベーゼンドルファーとニューヨークスタインウェイの調律。

05-31@18-52-32-548.jpg

05-31@18-52-58-80.jpg

本番は3日後なんですけど、私がまたまた居ないので急遽夕方にスタッフと二人でお伺いしました。
しかしここのサロンはうらやましい造りですよね~。

05-31@17-17-12-351.jpg

上を見上げるとオーブのような謎の球体の照明!
スタッフはニューヨークのヴィンテージの調律。
その後整音をやって、とりあえず本日の調整終了。
なかなか楽しみな楽器です。


FC2Ad