FC2ブログ

京都滞在中!    10/4

昨日はベアティホールのヴィンテージスタインウェイを調整。

IMG_07102019_225520_(300_x_169_ピクセル)

IMG_07102019_225425_(300_x_169_ピクセル)

午後からここでジェラール・プーレのレッスンです。
楽器を調整して鳴滝まで移動。
久しぶりに乗る嵐電は若い女の子が運転手でびっくり!

IMG_07102019_225453_(300_x_169_ピクセル)

女の子でもワンマンって言うのかなぁ…。

京都のお客さん宅のB型の調律を済ませて、お客さんとイタリアンを食べに。


プーレセミナーの主催者に、ホール近くの「京都エミナース」という温泉付きのホテルをとってもらいました、プーレも一緒です。
今日もレッスンとプライベートコンサートがあるのでピアノの調整。
終わってから京都コンサートホールに移動。

渋谷からスタッフが運んできたプレイエルを、とりあえず今日は広いピアノ庫で一晩お泊まりさせて、本日おしまい。

IMG_07102019_225624_(300_x_169_ピクセル)

明日はミラクルな1日になりそう!



仙台から京都へ    10/2

昨夜泊まった仙台駅前のホテルの朝食は、なんとご飯無しで洋食のみ!

IMG_03102019_132239_(300_x_169_ピクセル)

全国各地のホテルに泊まりましたが、白飯がなくてもおにぎりがあったりするので、完全米離れは初めてかも!
これはこれで食べ過ぎなくて私はOK!



さて今日は仙台から1時間ほど走った角田市の支援学校に到着。
下見の情報では、体育館が工事中で使えず視聴覚室まで狭い廊下を延々押して行く覚悟だったけど、校庭を横切って視聴覚室にトラックを付け、ドアサッシも外して頂いたので、楽々フルコン搬入に成功!

IMG_03102019_132343_(300_x_169_ピクセル)

received_2552931888160673.jpeg

これで昨日の1600人の大ホールと同じ楽器で演奏を披露できる理想の訪問コンサート。
支援学校のみんなは昨日のようなコンサートホールにはなかなか来られないので、同じ楽器を支援学校に持ち込むのが我々のチャリティーコンサートです。


今日もみんな大喜びで大興奮。
先生方もお手伝いありがとうごさいました!
任務終了後、ピアノを搬出して私は福島駅でトラックから下り、緑の窓口で福島県~京都に最短で行けるチケットを購入。
東北新幹線で福島~東京、東海道新幹線に乗り換えて東京~京都のルートです。
窓口のお兄さんはテキパキと作業し、私の要求した車両最後部窓際の席を用意してくれた…はず。

IMG_03102019_132539_(300_x_169_ピクセル)


しかし、東北新幹線に乗り込んで途中の宇都宮駅で乗って来た乗客が「そこは私の席です!」と言うので、何気なく切符を見たら19Eだった!

IMG_03102019_133004_(169_x_300_ピクセル)

最後部から1つ前の席だ!やられた!
親切な人で「荷物多そうですから私が前に座ります」と事なきを得たけど、心配になって東京駅で乗り換えのチケットを確認したらなんとのぞみではなくひかり!
しかも最後部の席ではなく最後部車両の、しかもその車両の真ん中7D!

IMG_03102019_132941_(169_x_300_ピクセル)

さっきは間違いかと思ったけどこれは悪意を感じる…。




たらたらとひかりで何駅も停車しながら、21時11分京都駅に到着。
その後乗り換えて桂駅でお迎えの車に乗って、ベアティホールへ。
ヴィンテージ・スタインウェイをピアノ庫からホールへ出して明日からの準備をしようと思ったら、ピアノ台車が故障!
お手伝い頂いてヨイショヨイショとみんなでホール内にピアノを出して本日終了。

明日はジェラル・ブーレの講習会。
エミナースホテルに着いたら、疲れで速攻寝ました~お疲れ様。




仙台へ     10/1

そうか、9月は30日までしかないんだね。
怒涛のスケジュールをこなしているうちにもう10月!

29日、サントリーで使ったピアノをサロンに下している時、酷使したゴブちゃんのアームがポッキリ折れるアクシデントが!

received_510552306344709.jpeg

騙し騙し赤レンガの搬出はできたけど、ちょっと重症。
昨日は午後から、K君がプレイエルの練習に来るのでそれを待って、工場へ。



ポッキリ折れたアームは強化型に変更して溶接。

IMG_02102019_175428_(182_x_300_ピクセル)

2001年に開発したこのゴブちゃんも、20年近く大活躍してくれているので少々疲れぎみ。
オーバーホールしなきゃと思いつつスケジュールがいっぱいで応急処置で乗り切ってきた。
早く次世代ゴブちゃん作らないと…。




今日は朝7時半出発で仙台へ。

IMG_02102019_175728_(300_x_169_ピクセル)

10/1~2はフコク生命チャリティーコンサート in 仙台!
ピアノは「ひばり」を持って行きます。
長年のお願いが叶って、今回から仙台公演は電力ホールからエレクトロンホールに会場変更。
電力ホールは仙台の中心地にあって便利なんだけど、ピアノの搬入には泣かされてきた。
東北電力ビルの7階まで外壁にあるゴンドラで上げるんだけど、強風が吹いたら使用禁止。
ここまで来てピアノ上げられなかったら大変!と。いつも心配してました。

さてエレクトロンホールって聞いた事ないぞ?と行ってみたら、この特徴的な搬入口を見て思い出した!

IMG_02102019_175708_(300_x_169_ピクセル)

ここは昔の宮城県民会館。
25年くらい前に田部ちゃんと東フィルの東北ツアーで来たことがありました。

夜9時の終演後、ピアノを搬出してそのままま一般道を夜通し走って宮古市民会館に着いたら、ホール外壁の高さ160センチのところに穴が空いてるだけの搬入口でびっくり!
この辺の話は著書の「スタインウェイ戦争」に書いたので読んでくださいね。

その後、市村さんと稲本響の「海の上のピアニスト」の公演でも来ました。
ここは搬入口前の道幅が狭いので、パワーゲートの上でよぶちゃんを直角に曲げて入れるか、1度地面におろして歩み板で入れるかどちらしかない。
またトラックを停め置きするスペースも無いので、搬入後は速やかにトラックを別の駐車場に移動するなど制約はあるけれど、電力ホールの搬入比べたら天国。
今回は歩み板を使って難なく搬入。
ステージにピアノを置いたら、さらに鮮明に昔を思い出した。

IMG_02102019_210302_(300_x_169_ピクセル)

IMG_02102019_175409_(300_x_182_ピクセル)

1600席の三階構造なので1000席の電力ホールより大きい。
集客大丈夫かなぁと心配したけど大入りでびっくり。
今回は竹村さんと沢崎さんと大森さんのトリオ。

IMG_02102019_210320_(169_x_300_ピクセル)

既にベテランの域の三人なのでお客さんいじりも慣れたもの。
また今日のお客さん達もノリが良いので大いに盛り上がって無事に終了!


20年ぶり位に来たこのホールも感慨深いけど、仙台のホールって何で電力とかエレクトロンとか電気が関係するのかなぁ…不思議。


さて懇親会はホテルの地下の和食屋さんで!

IMG_02102019_175555_(169_x_300_ピクセル)

明日はここから一時間かかる角田市の支援学校。みんな待っててね!

ピアノもトラックもフル稼働   9/29

昨日は、松涛サロンもカフェもスタジオもメンテルームも、フィエルテ主催のコンクールの入賞記念コンサートやら、他のリハーサルなど全部貸し切り状態!
朝から各部門の演奏会が続いて、狭いサロンに100人以上、入れ替わり立ち替わり大にぎわいでした。

今日は地獄のスケジュール。
昨日に続いて横浜赤レンガの「スタンドアップクラシック」にアクションを積んだ車と調律スタッフ達が出発。
朝9時に搬入するサントリーホール組のトラックと、同じく9時搬入の第一生命組のトラックが渋谷を出発。
私はサントリーホールに向かっていたらメールや電話がガンガン。
なんと第一生命ホールは朝8時に搬入なのに、まだ来ないと。
とりあえず向かっている事は伝え、依頼主の連絡ミスとわかったけど、誰もが通常の9時搬入だと思い込んでたから、再確認は重要だね。
こちらはサントリーホールに着いてピアノを搬入して調律。

IMG_01102019_193216_(300_x_169_ピクセル)

その頃に第一生命ホールも搬入調律が終わり無事にリハーサルが始まったと写メが来て一安心。

IMG_01102019_190416_(169_x_300_ピクセル)



サントリーホールはN大地君のデビューリサイタル、伴奏は江口君。
持ってきたピアノはローズウッド。
カーネギーホールからサントリーホールまで数多くのステージを踏んできた貫禄は素晴らしい。

リハーサルでは、15億と3億のヴァイオリン、どちらを使うかを弾き比べ。
やはり高いほうが高そうな音がする(苦笑)
ではピアノと合わせて今夜は20億円の競演だねで決まり!

IMG_01102019_190351_(300_x_169_ピクセル)


デビューでサントリー大ホールをほぼ満杯にできて、太地君は幸せ。
マネージャーも頑張ったね!
ヴァイオリニストの良さをぐっと引き出す江口君の世界トップレヴェルの共演に支えられて大成功のデビューコンサートでした。
次は10/5、大阪シンフォニーホールに行きます。



終演後ロースウッドも人気者で、ステージ前で写真をとる人が引きも切れず搬出がどんどん遅くなる。

IMG_20190929_135658.jpg

ようやく搬出も終わり渋谷で楽器をおろして横浜の赤レンガへ向かいます。

IMG_01102019_190710_(300_x_169_ピクセル)

第一生命組のトラックも搬出が終わり、横浜工場に楽器をおろして赤レンガに向かいます。
先にグラスステージのピアノを搬出、あとはハーバーステージ最後のコンサート終了を待つだけ。

IMG_01102019_190726_(300_x_169_ピクセル)


野外公演で温度湿度の変化半端ない中、調律を安定させるのは至難の技。
今年はこれをスタッフ達に全て任せる事にした。
いろんな経験をさせることが技術の向上に繋がるし、温度湿度でピアノの音やタッチがどう変わるか実際にわかる貴重な経験。
壊れたら修復すれば良い。
コンサートホールの過保護のピアノしか触ってなければ絶対得られない経験。
何かトラブルが起きたらその場ですぐに対処しなきゃいけないから逃げられない。
こんな修羅場をどのくらいくぐって来たかで貫禄が付いてくるもんだからね。
まぁ鳴ってるピアノの音を聞いたら合格!
さぁ搬出して横浜の工場と渋谷にそれぞれピアノをおろして本日長い1日終了。





スタンドアップクラシック  9/27

IMG-bac056835af0aa46feab34cf8ce47e32-V.jpg

今年も赤レンガ倉庫の特設会場で行われるスタンドアップクラシックの為に、スタインウェイのフルコン2台を搬入します。
今日は搬入だけで明日、明後日と本番です。
毎度の事とはいえスケジュールが重なりまくりなので、搬入はスタッフ達に任せましたが、海辺の野外ステージなので、過酷な現場に慣れているタカギクラヴィアはそれなりの準備をして行きます。

ピアノがすっぽり被るピアノカバーはもちろんのこと、ピアノはアクションを抜いた状態で搬入してあるので安心。
今回は私は別現場なので明日からの本番は完全にスタッフに任せる事にしました。
昨年も同じ現場なので勝手がわかっているし現場スタッフの皆さんも協力してくれてありがたい。
あとは雨さえ降らないように祈るだけ!