FC2ブログ

浜離宮朝日ホール   11/28

今夜のピアノはキヨシを持ってきました。

IMG_03122019_150610_(300_x_169_ピクセル)

このホールにキヨシは初めてかもね。



岡崎出身の山中君のリサイタル。

IMG_03122019_150634_(300_x_169_ピクセル)

去年は、岡崎と東京に持ち込みしました。
東京芸大の作曲科を卒業してピアノ科に入り直した異色の新人。
同じ大学内だから、移籍できるのかと思ったら、センター試験からやり直して受験したのだと。

今年の夏、松涛サロンで収録した初CD発売記念のリサイタルなので、終演後のサイン会には長蛇の列。



試写会    11/27

今年の夏、テレビ局のスタジオにルイス君を持ち込んで、レコーディングしたドラマの完成試写会に呼ばれました。
1921年、芥川龍之介が新聞社の特派員として上海に4ヶ月程滞在した時の話で、撮影も上海で行い、当時の情景が忠実に描かれている作品。
時代考証も専門の意見を取り入れているので、映像に引き込まれてしまいます。
音楽は稲本響が担当。
撮影クルーと一緒に上海まで行って、現場の空気に溶け合った音を作り出しています。
使用したピアノは1912年製のルイスなので音色は申し分ない。
民放にありがちな、知らないのを良いことにありもののハンブルグ製スタインウェイで録音すると、モダン過ぎる音色で興ざめします。
最後のエンドロールに「タカギクラヴィア」が出てくるのが嬉しいね。
それにしても立派な試写室があるのはさすがNHKですねぇ~
12月30日に4K、8K、地上波、3波同時放送されるので忘れずに見ましょう!

『ストレンジャー ~上海の芥川龍之介~』
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/412648.html




試写会が終わって事務所に戻り、溜まっていたFM横浜の「ピアノワイナリー」収録。
先月からパーソナリティは私一人なので、ちょっと過激な発言もアリ (苦笑)
今日は3週分を収録しました。
毎週土曜日、18時45分~19時00分、FM横浜(84,7MHz)で放送中です!





東京文化会館    11/24

東京文化会館、大ホールは簡単に搬入できるけど、小ホールは搬入リフト入口ドア幅が10センチ狭いので、ピアノを起こして梱包しないと搬入できない。
スタッフ数人で作業もできるけど、コンサートが重なっているとスタッフの手が足りないので、今まではサブちゃんの登場だった。

昨年6月、ここに搬出に来たサブちゃんがロビーでうろうろしていたので、

「サブちゃん相変わらず元気だねぇー」
「いや~もうだめだよ、最近ふらつくんだよ。」

と冗談めいたやり取りがサブちゃんとの最後の会話になってしまった。

その2日後、小金井のホールで倒れて、闘病の末、帰らぬ人となってしまったのを昨日のことのように思い出す。

あれから色々な運送業者に頼んでいるけど、コンサートの仕事は時間厳守で責任が重いし、お金も安いので思い入れがないとできない仕事だから難しい。
ほとんどのコンサートホールは我々が自車でピアノを運んでいるけど、この文化会館の小ホールだけは残念。
小池さん!豊洲も良いけど、この文化会館の搬入口のドアの幅10センチ広げて下さい!



PhotoCollage_1575347954169.jpg

調律が終わって遅い昼御飯に外へ出たら、ホール前に人だかりが。
綺麗なお姉さんがサインをして、大ホールではバレエの公演があるみたい。
バレエの世界は良くわかりませんがきっと有名な人なんだね。



さて今日のコンサートは松本和将ピアノリサイタル。

IMG_03122019_133042_(300_x_169_ピクセル)

IMG_20191124_160528.jpg

ニューブルグを持ってきました。
プログラムはオールフランスなので、ピアノはそのように調整。
毎回ビデオ撮影に入っている友人O君の席で、リハーサルから本番までたっぷり聴いたけど、フランス作品でこれだけ聴かせてくれたコンサートは稀!
素晴らしい演奏でした。
コンサートはライブ収録、CD発売されるから是非CDで聴いてください!



IMG_03122019_120255_(300_x_169_ピクセル)

終演後、サブちゃんの仲間の運送屋さんがテキパキとピアノを搬出して渋谷に戻ります。



三島 啓明学園コンサート  11/23

今年もやってきました!
毎年、11月下旬に行われる、このコンサート。

今年からショパン研究家の小阪さんが抜けたので寂しくなったけど、ピアノは依頼されたので、私とスタッフでフルコンを運びました。
休日を想定して余裕をもって渋谷を出たのに、まさかの大渋滞!

IMG_03122019_115832_(300_x_169_ピクセル)

普段の倍もかかって、なんとか到着。


今年は珍しいツィンバロンという楽器と共演なので私が担当。
実は今日は水戸奏楽堂でプーレさんのコンサートがあるので、そっちに行くはずだったけど、ツインバロンときいてスタッフが恐れをなし、交代となりました。

IMG_03122019_115936_(300_x_169_ピクセル)

既にツインバロンは搬入されていて調律の人ともご挨拶。
「スタインウェイ戦争読みました!」と開口一番おっしゃるので話が早い(苦笑)

ツインバロンの説明を聞くと、弦をバチで叩いて音を出す楽器で、なんと今でも作っているらしい。
ハンガリーでは日本の小学校のリコーダーのような扱いとのこと。
まぁタカギクラヴィアだから鍵盤楽器は全て範疇に入るけどバチで叩くのは専門外だねぇ(苦笑)
なかなか面白い音色で、ピッチも442でも大丈夫らしい。

IMG_03122019_120049_(300_x_169_ピクセル)

まだまだ知らない事が沢山ありますね~。



PV撮影と紀尾井ホール  11/22

今日の私の搬入担当は、調布の撮影スタジオに朝9時と紀尾井ホールに13時なので、同じトラックを使い回して入れられて効率良い。
毎日3~4箇所でコンサートを掛け持ちしているので、スタッフとトラックのやりくりに頭を悩ます。




IMG_02122019_111141_(300_x_169_ピクセル)

IMG_02122019_111157_(300_x_169_ピクセル)

「ひばり」を持ってきたこのスタジオではPV撮影で、なんと生歌唱&ワンカット一発撮り。
もう情報解禁になっていますね。
https://youtu.be/jqMCjCSSk6k

ここはスタッフのKが調律と立ち会いをするので、私は渋谷に戻り、ローズウッドを積込んで紀尾井ホールへ。




こちらではヴァイオリンとピアノのリサイタル。
ヴァイオリンはエイベックスで絶賛売り出し中の服部百音ちゃん。

IMG_03122019_115443_(300_x_169_ピクセル)


最近の若いアーティストに外れはないね。
超絶技巧の難曲を実に正確な音程で弾き抜け、更にテンポアップでヴィルトーゾ全開!
一昔前の「早い曲だと音程がボロボロになる」なんて時代は終わったね。

本番は満員だったけど、前半は私も客席で聴かせて頂きました。
聴衆も舞台裏の関係者も、ヴァイオリンがどんどん飛ばしてもピアノがピッタリ寄り添って、全く動じない両者の駆け引きに大興奮!

IMG_03122019_115625_(300_x_169_ピクセル)

余裕だねぇ(笑)  さすが世界の江口!
当然やんやの喝采で終演!